絵画ビジネスの不思議…意外な絵に高値が付く理由

前回は、知られざる「絵画ビジネス」の世界について紹介しました。今回は、絵画ビジネスの不思議な点の例として、意外な絵に高値が付く理由を解説します。

買い手が見つからなければ0円?…絵画の値段は流動的

資本主義社会の市場においては、絵画に限らず、すべてのモノの値段は需要と供給によって決まります。つまり、需要が多くて供給が少なければ価格は高くなり、需要が少なくて供給が多ければ価格は安くなります。

 

たとえば、無名の誰かが趣味で描いた絵を売ろうとしても、なかなか買い手は見つからないでしょう。仮にインターネットのオークションに1円で出品して誰も入札しなかったとしたら、それは需要がないということなので、価格としては0円に等しいと考えることができます。

 

一方で、もしゴッホの知られていない絵がどこかの家の納屋から発見されてオークションに出品されたとしたら、その価値は数千万円あるいは数億円以上になるはずです。その絵をどうしてもほしいと思う人が、世界中に数多く存在するからです。絵画の値段はとても流動的です。

絵の価格高騰は「需要と供給」の関係で説明できる

ゴッホの生前に、展示会や販売会などの正式な場で売れた絵は、たったの1枚しかなかったといわれています。しかし、今であれば何億円払ってでもゴッホの絵がほしいという人がたくさんいるのです。このように、絵の価格が高騰するのは、需要と供給の関係で説明できます。画家が自らの手で描いた絵は基本的には世界に1点しか存在しないもので、希少価値が高くなります。

 

一点ものですから、二人以上の人間がどうしてもほしいと思って奪い合いになれば、価格は際限なくはね上がります。たまにオークションなどで記録的な高値が出るのは、お互いに一歩も引かない、つば競り合いが繰り広げられたからです。

 

では、絵画というものは、誰もがほしがる希少な有名絵画と、ほしがる人の少ない一般の絵画とに分かれるものなのでしょうか。基本的にはそうですが、その中間にもさまざまな絵画が存在します。私の経営する画廊で扱っている絵画にも、1点数万円の版画から、何千万円もする有名画家の油絵まで、いろいろなものがあります。それらは基本的には、需要と供給に基づいて価格が定められています。

 

そのため、しばしば絵画には、原材料や、それを描くのに費やした手間や時間だけでは推し量れないほどの高値がつけられます。

本連載は、2017年4月28日刊行の書籍『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画 』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載値段から読む「フランス近代絵画」の魅力と価値

株式会社ブリュッケ 代表取締役

1961年愛媛県生まれ。多摩美術大学に進学後、美術大学で彫刻を専攻する過程で、人々の生活に溶け込む平面表現の魅力に目覚め、絵画の世界へ転向。卒業後、都内の画廊での修行を経て、1990年に独立。東京・銀座に、故郷の秀峰の名を冠した「翠波画廊」をオープンさせる。以降26年の長きにわたり、ピカソ、マティス、藤田嗣治、ユトリロ、ローランサン等、絵画愛好家なら誰もが知っている巨匠の作品を数多く扱う。特に20世紀初頭に活躍したフランス近代の画家に造詣が深い。
翠波画廊https://www.suiha.co.jp/

著者紹介

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

髙橋 芳郎

幻冬舎メディアコンサルティング

ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、モディリアーニ…“あの巨匠”の作品に、数十万円で買えるものがある!? 値付けの秘密を知り尽くしたベテラン画商が、フランス近代絵画の“新しい見方”を指南。作品の「値…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!