FX投資の「勝ちパターン」・・・取引時間は30分以内がよい理由

今回は、FX投資における「勝ちパターン」として、取引時間は30分以内がよい理由を見ていきます。※本連載は、ファイナンシャルプランニングや中国ビジネスコンサル等を行う、株式会社Kanakogi Kenの代表取締役・鹿子木健氏の著書、『なぜ鹿子式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?』(雷鳥社)の中から一部を抜粋し、FXの「勝ちパターン」について詳しく紹介します。

どんなに忙しくても、歳をとっても一生続けられる

もう一点、重要なことを話しておく必要があります。

 

それは、「勝ちパターン」で取引する際のローソク足の時間軸のことです。

 

トレードに使う時間は人それぞれで自由ですが、私は一日30分以内をお勧めしています。時間帯は、朝でも夜でもかまいません。

 

サラリーマンでも、子育てをしながら働いている女性でも、家族の介護をしている方でも、どんなに忙しくても相場で儲けを出すことが可能でなければ意味がない、と考えています。それに、30分以内なら、歳をとっても一生続けられるでしょう。

一日30分でトレードするなら「終値」を意識すべき

一日30分でトレードするためには、日足以上の時間軸がやりやすいです。そして、必ず意識しなければならないことは終値です。

 

セイジ 三日目に話してくださった「ローソク足終値」のことですね。

ニューヨーク市場のクローズと同時に確定する最終的な価格でしたね。

 

そうです。

 

毎日一度だけ確定する「日足終値」を基準にしているので、一日に何度もチャートを見る必要はありませんし、終値が確定してから行動するので、あと出しジャンケンで取引して儲けを出すことが可能なのです。

 

さらに、終値を基準にする取引のメリットは、利益を大きくできることです。

 

これから説明する「ミッション 001」では、利食い(利益確定)も終値を確認してから行います。終値なので、あらかじめ複雑な利食い(利益確定)の指値注文を設定しておく面倒もないですし、暴落や暴騰のような場面では、思いもかけず大きな利益を得ることができます。大きく動いてから利食い(利益確定)するからです。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載FXの勝ちパターン~鹿子木式に学ぶ

株式会社Kanakogi Ken 代表取締役 伊丹資産防衛研究所(Itami FX)主任研究員
特定非営利活動法人教育政策ラボラトリ ファシリテーター
(国・自治体・教育関連への支援・政策提言)

1974年熊本県生まれ。 延辺大学文学部比較言語学科(中国)卒。中国に12年間滞在。
2004年、延辺科学技術大学教養学部で教鞭をとっていたがヘッドハンティングされ、赤字だった米資本学習塾の経営を立て直す。
2008年、米資企業のウェストチャイナ法人代表取締役に就任。世界の投機資金の流れを読むことを学ぶ。
自らFXトレードで利益を出すだけでなく、手法の開発とコーチングができる数少ない投資家。ボリンジャーバンドだけを使った「10の勝ちパターン」を開発し、初心者から上級者まで多くの人々を成功へと導いている。
1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由だけではなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱している。使命は顧客の冨を永続的に拡大すること、真の知恵を伝えること、他者を富ます人々を育成すること。
http://kanakogiken.com

著者紹介

一週間でマスター FX入門  なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?

鹿子木 健

雷鳥社

1日30分以上のトレード禁止! 時間をかけずに、のんびりやっても稼げるやり方があります。 それが、年利20~30%以上を稼ぐ鹿子木式! どうやったら、オイシイところで、 売ったり買ったりできるの? それを見分ける方法が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧