ノベル版『女騎士、経理になる。』~第3章その⑪

幻冬舎コミックス運営のWEBマンガ雑誌「デンシバーズ」と幻冬舎ゴールドオンラインによる特別コラボ企画。デンシバーズの好評連載『女騎士、経理になる。』の原作小説で、2016年6月24日に発売された単行本『女騎士、経理になる。①鋳造された自由』のプロローグと第1章、第2章、第3章を無料公開します。今回は第3章「リテラシー」その⑪です。

▼翌朝、坑道入り口

 

女騎士「さて、ここだな」

 

黒エルフ「たしか、この辺りに『呪いの文句』が刻まれているのよね。怪物の存在を示すとかいう」

 

女騎士「呪いの文句……そんなものは見当たらないぞ」
司祭補「この看板のことかしらぁ?」

 

『猛犬注意』

 

女騎士「これが……」
黒エルフ「……呪いの文句?」

 

司祭補「ふむふむ……。『わが愛犬のヘルハウンドは、日中は昼寝をしている。物音を立てぬよう注意すべし。用無き者の来訪を歓迎せず。グーテンベルク』と書かれていますわ」

 

女騎士「ならば、忍び足で坑道を抜けるとしよう」

 

黒エルフ「戦わないの?」

女騎士「人の飼い犬を傷つけるわけにはいかんだろう」

 

▼坑道・内部

 

司祭補「村の方々は迷子に注意とおっしゃっていましたが……」
黒エルフ「……この坑道、親切な道しるべがたくさんあるわ。迷いようがないわね」

 

女騎士「むっ、またしても看板だ!」

 

司祭補「えっと……『転落注意。東西の部屋の各スイッチを入れてから進むこと。さもなくば足場が崩れるおそれあり』……と、書かれていますわね」

 

黒エルフ「危険な仕掛けって、もしかしてこれのこと?」

 

女騎士「そうか、長年の謎が解けたぞ! ダンジョンというものは、どこも危険な罠だらけだ。最悪死ぬ」

 

司祭補「まあ、大変ですわ!」
女騎士「しかし、近くの床や壁に、罠の解除方法やヒントが書かれている場合が多い」

 

黒エルフ「どうして? 侵入者を撃退するための罠なんでしょ?」
司祭補「ダンジョン制作者の善意でしょうか?」

 

女騎士「いいか? この坑道の安全な足場でも、文字の読めない村人にとっては危険な罠になるだろう?」

 

黒エルフ「えっと……それが?」

 

司祭補「たしか古代帝国では、大将軍でさえ読み書きができない時代があったと聞きますわ」

 

女騎士「ダンジョンが作られた当時は、読み書きのできる人がほとんどいなかった。壁に解除方法が書かれていても罠を避けられなかったのだ」

 

黒エルフ「逆に言えば、文字を読めるのは一部の特権階級だけだから……」

 

司祭補「……王族や貴族は罠を避けられるはずですわね。そもそもダンジョンは、王族の墓や宝物庫だったと聞きますわ」

 

黒エルフ「関係者は自由に出入りできるけど、一般庶民は近寄れないようにする……。そのために、罠の近くに解除方法を書いたのね」

 

女騎士「なぜ危険な罠の近くにヒントが書かれているのか、ずっと不思議だったのだ。やっと謎が解けた」

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エンタメ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別コラボ特別企画――『デンシバーズ』発の異色人気ノベルを無料公開!

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

女騎士、経理になる。 ①鋳造された自由

原作:Rootport,イラスト:こちも

幻冬舎コミックス

特殊スキル「簿記」を武器に世界を救え! twitter累計550万view! 話題沸騰の異世界会計英雄譚、原作小説登場!!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧