「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けた取組み

前回は、顧客本位の業務運営を確立するための「4つの方策」を解説しました。今回は、「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けた取組みについて見ていきます。

現場任せにしない「顧客本位の業務運営」の確保

今回は、金融事業者の業務運営の現状と課題、定着にむけた取組みについて見ていきましょう。

 

金融庁は、「顧客本位の業務運営に関する原則」の確定版とあわせて、「『顧客本位の業務運営に関する原則』の定着に向けた取組み」を公表しました。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

 

「原則」の定着の重要性


●「顧客本位の業務運営に関する原則」を確定したが、今後は「原則」の定着に向けて各金融事業者が実効的な取組方針を策定し、実践していくよう、取組みを進めていくことが必要である。

 

●その際、金融事業者による取組みが形式的なものに止まることなく、金融事業者がより良い金融商品・サービスの提供を競い合うといった、実質を伴う形での定着が重要である。

 

「原則」を踏まえた金融事業者の行動

 

現場レベルに任せることなく、経営トップ、マネジメント層がリーダーシップを発揮し、「顧客本位の業務運営」を確保すべきであると強調しています。


●各金融事業者においては、顧客本位の業務運営を確保するために、経営トップのリーダーシップの発揮、マネジメント層における業務計画等の策定・実施、フォローアップ、現場レベルでの実践を通じた浸透、フィードバックなど、それぞれの段階に応じた適切な行動が求められる。


●その際、金融事業者は自らの取組みが実質を伴う形で定着しているか、仮に実質を伴っていないとすればどの段階でうまく機能していないのかを分析し、経営トップの責任において改善がなされるべきである。

FD宣言した金融事業者にも大きな進展は見られず・・・

顧客による主体的な行動、当局の役割等


●より良い取組みを行う金融事業者が顧客から選択され、これを踏まえて金融事業者が自らの業務運営を不断に見直していく、という好循環が生まれるためには、顧客が主体的に行動することが重要であり、金融事業者の取組みの「見える化」や顧客のリテラシーの向上が求められる。


●また、顧客の主体的な行動を補完するものとして、当局による適切なモニタリングや第三者的な主体による評価、顧客にアドバイス等を行う担い手の多様化等も有効である。

 

金融事業者の業務運営に関する現状認識

 

フィデューシャリー・デューティー宣言を行った先であっても、顧客本位の業務運営の実現に向けて現状、大きな進展は見受けられないと指摘しています。

 

●投資対象を特定の種類の資産に限定したテーマ型の商品が、依然販売額上位の銘柄の多くを占めている。


●投資信託の販売額と解約・償還額は、ほぼ同額である状況が継続しており、残高の増加には貢献していない。


●売れ筋投信の9割が毎月分配型であり、特に地銀では積立投信であっても販売額の半分以上を毎月分配型が占めている。

 

[図表]「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けた取組み

出典:金融庁レポート 平成29年3月「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けた取組み
出典:金融庁レポート(平成29年3月)

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

 

金融庁のレポートから、フィデューシャリー・デューティー宣言を行ったあとも、営業の現場では引き続き、テーマ型、毎月分配型の販売が多く見られ、投信の乗り換えにより残高が増えていない実態が明らかになっています。特に、地方銀行の販売姿勢に苦言を呈しています。今後も具体的な事例を挙げ、継続的な報告、指摘を行う姿勢が感じられます。

 

次回は「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けた具体的な取組みについて説明します。

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

コモンズ流「30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウと、「投資信託」の正しい使い方

~企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは

講師 伊井 哲朗 冨中則文 氏
日時 2017年12月06日(水)
内容

<第1部>

コモンズ投信が考える長期、厳選集中投資

~不確実な時代でも投資が出来る“強い企業”の特徴~

 

・30年・30社の企業への厳選投資、コモンズ流の長期・集中投資とは?

・企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは?

・企業、投資家、コモンズが対話で企業価値の創造を実現する参加型ファンドとは?

・世界の成長を取り込むための、日本版ネスレ(真のグローバル企業)を探し出す投資手法とは?

・長期的な資産形成の王道は、なぜ世界の成長を取り込むことなのか?

・2020年を起点に日本はどのように変わるのか?

 

講師:伊井 哲朗 氏 コモンズ投信株式会社 代表取締役社長兼最高運用責任者

 

<第2部>

投資信託の正しい活用術

~出版系IFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)の立場だから話せる投資信託の裏側~

 

・銀行窓口ですすめられる商品を買うとなぜ後悔をするのか?

・本当によい投資信託と金融機関で「よく売れている商品」がまったく違う理由とは?

・買ってはいけない投資信託の見極め方とは?

・金融機関が何故か教えてくれない本来あるべき資産運用とは?

 

講師:冨中 則文 株式会社幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧