企業のリファイナンスを可能にする「財務健全化」のプロセス

前回は、銀行は融資の際に企業のどこを見ているのかについて説明をしました。今回は、企業のリファイナンスを可能にする「財務健全化」のプロセスを見ていきます。

リスケ状態のままでは新たな資金調達が難しく…

中小企業の中には財務状況が厳しく債務を予定通り返済できず、やむをえず返済の繰り延べ、すなわちリスケジュール(リスケ)を繰り返している企業は少なくないはずです。

 

しかし、リスケ状態のままだと新たな資金調達のハードルが高くなり、設備投資等に十分なお金をかけることができなくなります。それでは競争力が失われ、ジリ貧に陥ることが避けられません。万が一、リーマンショックのような不測の事態に見舞われたときには、財務が一気に悪化して経営破綻を余儀なくされるおそれもあるでしょう。

ムダなコストや不採算な取引等を見直す

そのような事態を避けるためには、リスケの状態を脱却し、借入金を正常化して新たな借入が可能となるよう会社の立て直しが必要になります。具体的には、ムダなコストや不採算な取引等を見直すなどして財務を健全化させ、本業の収益力を回復できれば、リファイナンスも可能となるはずです。

 

また、リファイナンスの審査にパスするためには、自社の中長期戦略を示す事業計画の提出も必要です。事業計画は銀行に納得してもらわないといけないものなので、要所を押さえた内容となっていなければなりません。そのためには特別な作成ノウハウが必要となり、社内のスタッフだけでまとめるのは難しいかもしれませんので、コンサルタントなど専門家の力を借りることも検討してみるとよいでしょう。

本連載は、2016年10月21日刊行の書籍『「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載親族内の事業承継を成功に導く――財務の基本と戦略

株式会社わかば経営会計 代表取締役
公認会計士・税理士・中小企業診断士

1984年、兵庫県神戸市出身。2006年、京都大学経済学部卒業、在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年に大磯経営会計事務所(現「わかば経営会計」)創業。「中小企業の未来を創造する」を経営理念に、事業承継・M&A企業再生といった中小企業向けの財務・経営コンサルティングおよび税務サービスを展開。

著者紹介

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

大磯 毅/中山 昌則

幻冬舎メディアコンサルティング

戦後70年を迎え、多くの中小企業に降りかかっているのが「事業承継」の問題です。 しかし、現社長のなかには景気の低迷、適当な人材の不在などの理由から廃業を考える人が少なくありません。また、社長の息子や親族などの後継…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧