企業の「キャッシュフロー計算書」のチェックポイント

前回は、財務の健全性を保つ「損益計算書の分析」のポイント について説明しました。今回は、「企業の「キャッシュフロー計算書」のチェックポイントを見ていきます。

損益計算書には出てこない「3つのキャッシュフロー」

キャッシュフロー計算書は、損益計算書には出てこないお金の流れを的確に把握することを目的としており、具体的には以下の3つのキャッシュフローが取り扱われています。

 

●営業活動によるキャッシュフロー(営業キャッシュフロー)

会社の本来の営業活動から得られた現預金等の量を示すもの

 

●投資活動によるキャッシュフロー(投資キャッシュフロー)

会社が投資した資金を示すもの

 

●財務活動によるキャッシュフロー(財務キャッシュフロー)

借入と借入金の返済、配当支払い等を示すもの

CF計算書のバランスが悪い箇所=財務の改善箇所

本業でキャッシュが生まれている場合には営業キャッシュフローがプラスに、設備投資等が行われている場合には投資キャッシュフローがマイナスに、金融機関等から借入が行われている場合には財務キャッシュフローがプラスとなります。

 

たとえば、設立したばかりの会社はまだ業務活動を本格的に行っていないので、営業キャッシュフローは少なく、初期の設備投資が多いので、投資キャッシュフローはマイナスの状態でしょう。さらに、通常は銀行などからお金を借りているでしょうから、財務キャッシュフローは増加しているはずです。

 

そして、会社が成長するにつれて営業キャッシュフローが増えていき、設備投資を行わなくなると、投資キャッシュフローのマイナスが小さくなり、また借入の返済が進めば財務キャッシュフローがマイナスになっていきます。

 

成熟した企業の場合には、営業キャッシュフローがプラス、投資キャッシュフローがマイナス、財務キャッシュフローがマイナスの状態が財務的には最もバランスが良いといえます。本業で十分なキャッシュが生み出され、それをもとに投資が行われ借入金の返済もできているという、企業として理想的な形だからです。

 

「わが社は営業キャッシュフローがマイナス、投資キャッシュフローがゼロ、借金が増えて財務キャッシュフローがプラス」などというように、キャッシュフロー計算書の中にバランスが悪いところがあれば、その改善を進めることにより、望ましい財務のあり方を実現できるはずです。

 

[図表]キャッシュフローの例

本連載は、2016年10月21日刊行の書籍『「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載親族内の事業承継を成功に導く――財務の基本と戦略

株式会社わかば経営会計 代表取締役
公認会計士・税理士・中小企業診断士

1984年、兵庫県神戸市出身。2006年、京都大学経済学部卒業、在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年に大磯経営会計事務所(現「わかば経営会計」)創業。「中小企業の未来を創造する」を経営理念に、事業承継・M&A企業再生といった中小企業向けの財務・経営コンサルティングおよび税務サービスを展開。

著者紹介

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

大磯 毅/中山 昌則

幻冬舎メディアコンサルティング

戦後70年を迎え、多くの中小企業に降りかかっているのが「事業承継」の問題です。 しかし、現社長のなかには景気の低迷、適当な人材の不在などの理由から廃業を考える人が少なくありません。また、社長の息子や親族などの後継…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧