注文住宅を担う住宅会社にはどんな種類があるのか?①

前回は、大手ハウスメーカーの施工でも安心とは限らない、現場の実態について取り上げました。今回は、注文住宅を担う住宅会社の種類について見ていきます。

情報量と安心感が魅力のハウスメーカーだが・・・

住宅業界の裏話について伝える前に、住宅業界のカテゴリーについて紹介します。

 

家を建てる会社を表す言葉には、ハウスメーカー、建築会社、工務店、ビルダー、建築設計事務所などさまざまあります。本書『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる』では、家づくりの契約を行う(建築請負契約を行う)会社の総称として「住宅会社」、その業界については「住宅業界」という表現を使うことにします。

 

表向きも含め、こうした注文住宅を担う住宅会社を大別すると、以下の4つになると思われます。

 

1.ハウスメーカー

 

ハウスメーカーというのは全国組織で、大手企業です。しかし、実際にはさまざまな組織形態があります。

 

たとえば私が下請けをしていたハウスメーカーはディーラー制を敷き、地域ごとにディーラー、つまり販売会社を持っていました。それぞれの販社は、1年にどれだけの部材などをメーカーから購入しなければいけないという契約に縛られています。仕入れ量に達しないと、単価が上がってしまうなどのペナルティがあるようです。いずれにしてもハウスメーカーは一大ブランドを掲げて全国展開をし、画一的に同じ商品を扱います。

 

また、ハウスメーカーは全国規模で情報交換をしているため、情報量が格段に多いことは間違いありません。商品企画、マーケティング、集客など、それぞれのプロフェッショナルを抱えて、研究を重ねています。

 

たとえば耐震設計一つをとっても、あるハウスメーカーでは、実物大の家屋を自社の設備で実際に揺らしてテストをしています。そうしたことは、それこそ経営基盤が盤石なところでないと無理です。

 

また組織が大きく、資本が大きな会社は、従来の常識で言えば「潰れない」といった安心感があるのも確かでしょう。アフターメンテナンスのことも考えれば、経営の安定性は非常に重要です。

 

ただし、皆さんもご承知のように、もはや大手企業は潰れないという時代ではありません。今では業界再編は当然のことで、名前は同じでも全く別の業態の大手企業の傘下になっていたり、吸収合併されたりした会社もあります。そうした資本関係の変化によっても、ますます「家づくり」の本質からは離れて、まさにビジネスになっているというのが特に大手企業の今ではないでしょうか。

 

しかも、組織が大きい分、細かなところ、つまり現場(施主にとっては少しも細かなことではありませんが)にまでは目が行き届きません。組織が大きい中で、手づくりで家づくりを行い品質を維持していくのは非常に難しいことです。

品質維持、地域密着の両立を図るフランチャイズ系

2.フランチャイズ系住宅会社

 

フランチャイズ系住宅会社は、基本的にはコンビニなどと同じ仕組みです。フランチャイズ本部が全国各地の中小の工務店を組織化し、システム開発や標準的な住宅商品を企画、技術指導や広報活動までを行います。フランチャイズ本部の開発した商品を加盟店が売る。パンフレットや展示物なども用意され、モデルハウスをどう造るかも指導されます。

 

各店は独立採算ですが、本部に縛られています。そうした意味ではハウスメーカーの下請けに近いのですが、実際の営業活動や施工は、工務店が地元に密着した強みを生かして行うケースがほとんどです。

 

部材を一括発注することによる品質の安定とコストダウンというハウスメーカーのメリットと、地域密着の家づくりを大切にする工務店のメリットを掛け合わせたいいとこ取りを標榜しています。

 

次回は、残り2つのカテゴリーをご紹介します。

本連載は、2017年4月12日刊行の書籍『改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載家づくりを成功させるために知っておきたい「住宅業界」の裏話

株式会社タマック 代表取締役

1961 年(昭和36 年)千葉県生まれ。  愛知学院大学商学部経営学科卒業後、父親の経営する会社に入社するも、間もなく経営破たん。家族として背負った負債を返済するために3 年間、究極の職場・佐川急便に勤務。
負債を全額返済し終えた1988 年、父親が再度立ち上げたタマックの前身となるハウスクリーニング業有限会社多摩クリーンサービスに入社し、1990 年より住宅建設業を開始、某大手ハウスメーカーの指定工務店となる。
1993 年株式会社タマックに商号変更、1995 年株式会社タマック代表取締役に就任。2001 年大手ハウスメーカーの下請けから脱却し、注文住宅の自社ブランド「タマックの家」の受注を開始。下請け時代の反省から一貫して拡大路線をとらず、「半径10km 圏内限定施工」、「年間80 棟限定施工」、「月間7 棟平準着工」を掲げ、施主の立場に立った「サービス業」としての家づくりを実践している。
神奈川県川崎市多摩区に本社およびショールームを構え「生涯一拠点体制」を宣言し、施主にとっての「一分の一の家づくり」を大切に、「家づくりは幸せづくり」をモットーとし、地元に必要とされる会社として根ざしている。

著者紹介

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

改訂版「家づくり」は住宅会社選びで9割決まる

貞松 信人

幻冬舎メディアコンサルティング

人生を左右するほどの大きな買い物である「家づくり」。 「家づくり」は購買経験を積むことが出来ないため、何が正しくて、何を基準にすれば良いかわからない、とても難しい買い物です。 あるアンケート調査では、注文住宅を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!