企業の5つの資産を連動させる「価値創造のプロセス」とは?

今回は、5つの資産をうまく連動させて企業価値を高める「価値創造のプロセス」について解説します。※本連載では、株式会社バリュークリエイト代表取締役・三富正博氏の著書『「見えない資産」経営 企業価値と利益の源泉』(東方通信社)から一部を抜粋し、組織資産や人的資産、顧客資産といった「見えない」資産の創り方を見ていきます。

継続的な努力が「成果に結びつかない」のはなぜか?

見える資産と見えない資産というフレームワークを持ち出すまでもなく、どこの企業でも、顧客に提供する価値を最大化しようと努力しているし、そのための人材育成や品質の向上をはかっているに違いない。人的なリソースや顧客からの支持、あるいは組織の底に流れる文化を資産として捉え、価値が低下しないように維持・管理しなければならない、ということに異存のある経営者は存在しないだろう。

 

ところが、多くの企業が5つの資産を高めるために日々努力しているにもかかわらず、その成果がかならずしも出ているわけではないという現実がある。

 

営業部門は一生懸命に日々の営業活動にまい進しているが、なかなか思ったように成績は伸びない。製造部門は一生懸命に日々の生産活動や品質向上に努力しているが、市場の要求する水準になかなか追いつけない。そうした矛盾、あるいは軋轢を日々抱えながら、一部の経営者や従業員の頑張りと才能に頼ってなんとか成果を上げているのが多くの企業の現状だろう。

 

なぜ、継続的な努力が成果に結びつかないのだろうか。

 

その答えは、5つの資産を連動させることで見えてくる。

 

そもそも5つの資産はそれぞれが独立してアウトプットを出しているわけではなく、かならず連動している。

 

金融資産の最大の原資は、当然ながら顧客が支払ってくれる対価である。売上こそが金融資産を増やす最大の原資だ。ゆえに、金融資産を増やすためには顧客資産を強化しなければならず、金融資産と顧客資産は密接に連動している。顧客資産は、顧客が購入する製品・サービスの対価としてお金を支払うことによって形づくられていく。よって、製品・サービスが顧客にとって魅力的でなければ顧客資産は増えない。ゆえに、顧客資産を増やすためには物的資産を強化しなければならず、顧客資産と物的資産は密接に連動している。

 

物的資産は、製品・サービスあるいはそれを生み出すための設備、機械、店舗などからなっているが、それらはすべて、それを生み出すための従業員のやる気、技術、あるいは、サプライヤーやサポーターの協力を必要とする。ゆえに、物的資産を高めるためには人的資産を強化しなければならず、物的資産と人的資産は密接に連動している。

 

そして、人的資産は、トップのリーダーシップ、会社が打ち出す戦略、企業や製品・サービスの持つブランド力、業務をサポートするあらゆるシステムによって、その力を初めて存分に発揮できる。ゆえに、人的資産を増やすためには、組織資産を強化しなければならず、人的資産と組織資産は密接に連動している。

 

あらためて順を追って見ると、組織資産がベースとなって人的資産が力を発揮し、人的資産が物的資産を使ってよりよい製品・サービスを生み出し、物的資産によって生み出された製品・サービスによって顧客資産が形づくられ、顧客資産が支払う対価によって金融資産が積み上げられることがわかる。そうしてつくられた金融資産を組織資産や人的資産に再投資することによって、価値創造の基盤がより盤石になるという方程式が成り立つのだ。

物的資産と顧客資産を入れ替えて起きた変化

この循環をわかりやすく示したのが「価値創造のプロセス」である。

 

[図表] 価値創造のプロセス

 

バリューダイナミクスで示された5つの資産をもとに、顧客資産と物的資産の位置を入れ替えてみたものだが、たったそれだけのことで、見える世界が違ってくるのがわかるだろうか。

 

組織資産を中心に、人的資産→物的資産→顧客資産→金融資産と展開し、組織資産に戻るというように、ぐるぐると左回転して各々の資産が連動していく様子がよくイメージできるはずだ。

 

実はこの概念図は、顧客との対話のなかで生み出されていった。それは、私たちがバリュークリエイトを立ち上げたばかりの頃で、まだ経営分析ツールを持ち合わせておらず、あるものといえば、アーサーアンダーセンが開発したバリューダイナミクスしかない状態だった。

 

そのときもいつものように、バリューダイナミクスをもとに5つの資産によってどのように企業価値を高めていくのかについて議論していた。すると「この物的資産と顧客資産を入れ替えてみたらよりわかりやすいのではないか」という提案が顧客企業から出てきた。

 

いわれてみればたしかにそうで、物的資産と顧客資産の位置を入れ替えただけで、それまで5つの資産が個別に大きくなっていき、結果として全体が大きくなるように見えた5象限にまるで命が宿ったかのように、ぐるぐると左回りに回転しはじめる様がはっきりと見えたのだ。この経験がきっかけになって、概念のフレームワークにすぎなかったバリューダイナミクスから、経営に応用できる具体的なツールが生み出されていくことになった。

 

そこで私たちはこのツールを「価値創造のプロセス」と名づけたのである。

 

組織資産を中心に、人的資産、物的資産、顧客資産へと想いが伝わり結果として金融資産が増え、それがさらに再投資されることを通じて、より力強く、少しずつ年輪のように大きくなっていくと企業価値は大きくなっていることを意味する。逆に、この流れが分断され、あるいは流れが緩やかになってきて、輪が小さくなっていくと企業価値は小さくなっていることを意味する。

 

ちなみに、この顧客企業の経営者とは東京・青山に本社のある青山フラワーマーケットというブランドを展開しているパーク・コーポレーション社長の井上英明氏である。井上氏と当時対話した内容は、パーク・コーポレーションのホームページ(www.park-corp.jp/blog/intro-01/)で日本語のみではあるが公開されているので、こちらも参照してほしい。

本連載は、2017年5月13日刊行の書籍『「見えない資産」経営 企業価値と利益の源泉』(東方通信社)から抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載企業価値をより高める―「見えない資産」の創り方

株式会社バリュークリエイト 代表取締役
公認会計士
米国公認会計士

1987年青山学院大学経営学部卒業後、アーサーアンダーセン東京事務所に入社。1991年から9年間、アーサーアンダーセンのサンフランシスコ、シアトル、アトランタの3拠点で公認会計士として経験を積む。2000年に日本に帰国、ベンチャー企業でCFOとして部門を統括する。01年(株)バリュークリエイトを設立。ベンチャー企業から大企業まで企業の規模・業種を問わず、経営者に企業価値創造の視点を提供している。現在、慶應義塾大学大学院経営管理研究科非常勤講師、(株)SUMCO社外取締役および(株)大塚家具社外取締役を務める。日本・米国公認会計士。

著者紹介

「見えない資産」経営―企業価値と利益の源泉

「見えない資産」経営―企業価値と利益の源泉

三富 正博

東方通信社

企業価値というと、金融資産や物的資産といった「見える資産」ばかりが注目されがちだが、著者はそのほかにも組織資産や人的資産、顧客資産といった「見えない資産」があることを強調し、それこそが企業価値と利益の源泉である…

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~【名古屋会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月15日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月15日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年10月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年10月24日(火)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【福岡会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月12日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 606会議室
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧