ここでは、決算対策保険のうち、50%損金タイプ(5年ピーク型・逓増定期保険)・主契約保険金額1億円・30歳・男性というケースで、各商品の比較表を掲載します。

★決算対策保険・50%損金タイプ(5年ピーク型・逓増定期保険)

 保険金額1億円・30歳・男性の比較イメージ

 

<コメント>

この条件の場合、まず3年目を比較してみると、I商品が、90.0%と最も高い単純返戻率となっており、50%損金タイプの高スペックラインといわれる90%台はこのI商品だけです。その他、E商品の88.6%、F商品の86.0%と続いています。

 

次に、4年目を見てみると、E商品が95.5%と最も高い単純返戻率となっており、I商品が91.7%、F商品が91.2%と続いています。

 

また、解約の多いといわれている、5年目で比較をしてみると、A商品が、97.9%と最も単純返戻率が高くなっており、以下、B商品の96.7%、C商品の95.3%、D商品・E商品の95.1%と続いており、いずれの商品も90%台の単純返戻率となっており、保険商品間で、熾烈な返戻率争いをしているケースがみてとれます。

 

さらに、10年目を比較してみると、F商品だけが100.7%と、100%を超える、最も高い単純返戻率となっており、以下、D商品の97.9%、I商品の95.2%と続いています。10年目となると、50%損金タイプの高スペックラインと言われている単純返戻率90%超をキープしているのは、4商品だけとなってしまいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうやって見てみると、

・3年目など、短期的に返戻率の高い商品は、I商品、E商品、F商品
・5年目など、解約が多い時期に返戻率の高い商品は、A商品、B商品、C商品、D商品・E商品
・10年目など、長期的に返戻率の高い商品は、F商品、D商品、I商品

 

が、高い競争力を持っています。

 

各年度・男女間で、競争力の強い商品、弱い商品が大幅に入れ替わることの多いのが50%損金・逓増定期保険の通常タイプです。

 

特定の年度、特定の保険商品だけを見るのではなく、「全社・全商品比較」をしっかり行うことが大切になります。

 

↓初めての方はこちらの記事をご覧ください。

法人保険とは? ~商品比較をご覧いただく前に

決算対策保険の利用における「出口戦略」の重要性

本記事は、一般的な生命保険活用スキームを示したものであり、データやスキームの正確性や将来性、投資元本の利回り等を保証するものではございません。また、本記事は、平成29年4月1日現在の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もございます。個別具体的な法令等の解釈については、税理士等の各専門家・行政機関等に必ずご確認いただくようお願いいたします。記載されている保険商品につきましては、概算値を表示しています。各スキームの導入時には契約概要、パンフレットを必ずご覧ください。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載法人保険スペック比較<2017年版>

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介