財産のほとんどを「円資産」で持つリスクとは?

今回は、所有財産のほとんどが「円資産」である場合のリスクについて説明します。※本連載では、WIN/WIN Properties, LLCパートナー兼株式会社WIN WIN Properties Japan代表取締役である柳原大輝氏が、アメリカ不動産投資の様々な魅力について解説します。

日本人の多くは「日本円」で資産を所有するが…

今回は資産の(特に為替にまつわる)持ち方についてお話しをしたいと思います。

 

いきなりですが、あなたの資産の何割が円(日本円)資産ですか?

 

円資産とは、日本円の現金、日本の株、日本にある不動産、相続で引き継ぐであろう日本在住の両親の資産、などが含まれます。

 

皆さんの多くは以上の資産が円資産ではないでしょうか?

 

しかしそれは、非常に高いリスクをはらんでいる可能性があります。もしかすると、どんどん資産が減少してしまうかも・・・!?

資産の半分を「米ドル資産」で持つ意義とは?

結論から言うと、資産の半分は「米ドル資産」で持っていただくのが無難です。

 

よく「円高ドル安」とか、「ドル高円安」とか、テレビなどで聞くと思います。前者は「円の価値が上がって、ドルの価値が下がった」ということですね。

 

つまりどういうことか。「1ドル=100円」だったのが、120円になったら円高? ちがいますよ! 逆です。80円になったら円高なのです。

 

円の価値が上がったので、以前は100円で1ドルとイコール、つまり交換できたのが、いまは円の価値が上がったので、80円だけで1ドルと交換できるようになった、ということです。少しややこしいですが、ご理解いただけると思います。

 

こういう風に、為替というものは価値が上下します。

 

ということは、多くの円資産を持っている皆さんにとっては「円高」と「円安」、どちらの方がいいのか?

 

もちろん「円高」ですよね。円高になれば、いままで100万円で海外に行けていたのが、80万円で行けるわけですから。

 

では、海外に行かなければ、為替は気にしなくてよいってことでしょうか?

 

いいえ、そんなことありません。例えば、日本の食用自給率は約40%です。つまり、円安になっていくと、世の中の食べ物の60%はどんどん価格が上がっていくということです。これは簡単な例ですが、いま世の中はグローバリゼーションの真っ只中です。食べ物のみならず、資産も世界の中で上下を見ていかないといけない時代になりました。

 

円高になれば、円で保有する資産は放っておいても価値が上がりますが、逆に円安になっていくと、どんどん目減りしてしまうのです。

 

[図表]

 

本連載は、株式会社WIN WIN Properties Japanが運営する「不動産投資、なぜ今アメリカなのか!?」(http://winwin-pro.com/blog/)から転載・再編集したものです。稀にその後の制度改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載インカム&キャピタルゲイン、タックスメリット・・・アメリカ不動産投資の魅力を知る

WIN/WIN Properties, LLC 共同代表
株式会社WIN WIN Properties Japan 代表取締役

日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。
過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。
海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

WEBサイト http://winwin-pro.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧