会社の生き残りに不可欠な「利益計画」の立て方

今回は、会社の生き残りに不可欠な「利益計画」の立て方について解説します。※本連載は、税理士法人古田土会計の代表で、公認会計士・税理士の古田圡満氏の著書、『経営計画は利益を最初に決めなさい!」(あさ出版)の中から一部を抜粋し、社長自らが経営計画を作る重要性と具体的な経営計画の作成方法を紹介します。

生き残りに必要なのは「売上」ではなく「利益」

利益計画は、あなたの会社が社員とその家族を守り、生き残るためには、「いくらの利益が必要なのか」「その利益を獲得するためには、いくらの売上が必要なのか」を計画するものです。しかし、そのためには、基礎になる資料が必要ですので、そのために過去の2〜3期の実績を調べてみます。

 

用意できなければ直前期でも大丈夫です。大事なことは、会社が生き残るためには必要なものは「売上」ではなく、「利益」であることを強く意識することです。利益計画とは、生き残り計画なのです。

損益計算書の作成に「細かい数字」は不要

また、数字は細かい必要はありません。上2桁から3桁で十分です。なるべく見やすくしてください。

 

中小企業では百万円単位で押さえ、小数点第一位までつかめればベターです。販売計画は千円単位で作成します。過去の数字はあくまでも過去であり、不必要に分析や研究などする必要はありません。過去の数字は変えられないからです。現在のあなたの立脚点がわかればいいのです。

 

下記に、例としての数字を記載しています。参考にしてあなたの会社用を作成してください。

 

直近の損益計算書ができたら、次は年間計画表の作成に着手します。

 

この話は次回に続きます。

 

[図表1]A社の直前3期損益計算書

※本書では、営業外損益=営業外費用-営業外収益としています。
※本書では、営業外損益=営業外費用-営業外収益としています。

 

[図表2]直前3期損益計算書(あなたの会社用)

※本書では、営業外損益=営業外費用-営業外収益としています。
※本書では、営業外損益=営業外費用-営業外収益としています。

本連載は、2017年2月26日刊行の書籍『経営計画は利益を最初に決めなさい!」から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経営者のための「儲かる経営計画」の作り方

税理士法人古田土会計 代表社員 公認会計士・税理士

1952年生まれ。法政大学卒業。「中小企業の経営に役立つことこそ、会計事務所としての社会的使命」が持論。「数字はこうとらえるべき」という理論のみで顧問先を指導するのでは説得力がないと考え、自ら顧問先の手本になるべく、「月次決算書」と「経営計画書」のPDCAを全社員で徹底的にまわし、“ 教える”でなく、“ 見せる”スタンスで顧問先と向き合っている。
創業以来34年連続の増収、赤字は一度もなく自己資本比率90%、クチコミだけで年間180件の新規顧客がくる日本有数の優良会計事務所を経営。2016年末の顧問先数は2150社以上、さらに全国の会計事務所300法人を指導。「月次決算書」による会計指導と「経営計画書」の作成指導は業界内でも有名。また2014年に士業界初の経済産業省『おもてなし経営企業30選』に、2015年には『がんばる中小企業300選』に選ばれ、2014年には障がい者を率先して雇用し、その能力の活用に積極的な民間企業に与えられる『東京都障がい者雇用優良企業』に、厚生労働省からは『精神障がい者等雇用優良企業』に認定されている。
おもな著書に『掃除、挨拶、計画で会社は儲かる』『ドロくさいけど必ず結果が出る! 経営計画のつくり方 CD-ROM 付 』(ともにあさ出版)、『社員100 人までの会社の「社長の仕事」』(かんき出版)、『中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ! 』(秀作社出版)などがある。

著者紹介

経営計画は利益を最初に決めなさい!

経営計画は利益を最初に決めなさい!

古田圡 満

あさ出版

社長にしかできないことは2つある。 ひとつはいかに理念を経営計画に盛り込みか(第1部で解説)。社員が理解できるように作成すると同時に、社長自身が取引先にもしっかりで説明できるようにしたい。もうひとつは商品別販売計…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧