「決算書1枚」で事業の儲けがわかる…仕訳のルール②

前回に引き続き、決算書の仕訳のルールを説明します。※本連載は、ウエキ税理士法人の代表税理士で、中小企業の再生支援にも従事する中田隼人氏による著書、『コンサルティング機能強化のための個人事業主の決算書の見方・読み方〈2017年度版〉』(経済法令研究会)より一部を抜粋し、個人事業主の決算書の見方・読み方を、図表を交えてわかりやすく紹介します。

借入金は「負債」であり「費用」ではない

前回に引き続き、決算書の仕訳のルールを見ていきましょう。

 

❼事務所を借りていますので、家賃60万円を支払いました

 

家賃は費用の増加なので左側に、現金の減少は右側に書き入れます。

 

❽資金に余裕がなくなってきたので、銀行から200万円を借入れました

 

現金が増加したので左側に書き入れ、借入金という負債が増加したので右側に書き入れます。

 

❾借入金の一部を返済しました 元金100万円、利息10万円

 

まず、返済で現金が減少しましたので、右側に現金110万円を書き入れます。その減少した原因は元金返済100万円と利息10万円ですので、左側に負債の減少として借入金100万円を、同じく左側に費用の増加として支払利息10万円を書き入れます。

 

「借入金の返済は費用にならないの?」と聞かれることがありますが、「借入金は負債ですので費用ではありませんし、実際、借入をしたときも収益として計上していませんよね」とお答えしています。

把握しておきたい「費用収益対応の原則」

決算❶決算をむかえ、車の減価償却を行います 耐用年数5年

 

耐用年数とは、その資産を使用できる可能年数のことをいいます。本来なら会社が独自に見積もって定めるべきですが、中小企業の多くは国が定めている法定耐用年数を使用しています。

 

耐用年数が5年ということは、この車は5年間使用できて、5年の間、収益に貢献すると考えます。収益に対応させるために、使用期間にわたって費用に計上していくわけです。これを簿記では「費用収益対応の原則」といいます。また、資産を耐用年数に応じて費用に変えていくことを減価償却といいます。減価償却費は費用の増加なので左側に、車両は資産価値が減少したので右側に書き入れます。

 

決算❷仕入れた商品300個(1個2万円)のうち、200個は売れ残ったので、在庫の計上をします

 

ようやく、最後の仕訳です。もうだいぶ慣れてきましたよね。期末に売れ残った商品が200個ありますので、単価2万円を乗じて計算した商品400万円を、資産の増加として左側に書き入れます。

 

仕入れたときは、仕入れた商品300個を、すべて仕入として費用計上していました。でも実際に売れたのは商品100個なので、費用と収益が対応しなくなってしまいます。簿記では、仕入れた商品の費用を知りたいのではなく、売れた商品の費用を知りたいわけです。ここでも「費用収益対応の原則」から、商品100個の収益に対応する、商品100個の費用を期末で求めていく必要があります。

 

商品300個は期中で費用の増加として計上されているので、期末に売れ残った商品200個を期末棚卸高という勘定科目で費用の減少として計上することにより、差引きで商品100個の費用を計算していきます。収益に対応する商品100個の費用のことを「売上原価」といいます。期末棚卸高は費用の減少なので右側に書き入れます。

 

こうやって、昔から商人は、毎日毎日、取引を帳簿に書き入れてきました。当然、業績がよくなると、取引の量が増加し、帳簿記入が忙しくなります。だから、商売繁盛して儲けが多い時を、「書き入れ時」というようになったそうです。

 

[図表]仕訳の実践

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載個人事業主のための「決算書」の見方・読み方

ウエキ税理士法人 代表税理士

1997年大阪教育大学を卒業後、植木保雄税理士事務所(現ウエキ税理士法人)に入所し、中小企業を中心に、卸売業、製造業、建設業および金融機関などの税務申告を幅広く担当。2017年1月から代表社員に就任。経営革新等支援機関として国から認定を受け、中小企業の再生支援にも従事している。

著者紹介

コンサルティング機能強化のための個人事業主の決算書の見方・読み方〈2017年度版〉

コンサルティング機能強化のための個人事業主の決算書の見方・読み方〈2017年度版〉

中田 隼人

経済法令研究会

本書は、図解を多く用いることで、簿記の基礎や全体像が理解しやすい作りとなっています。さらに、個人事業主の決算書の見方・読み方を初学者でもわかるようコンパクトにまとめました。 2017年度版は「攻めの投資」を支援する…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧