税金 オペリー 節税
連載会社に財を「残す」ための経費化のテクニック【第11回】

航空機の「オペレーティングリース」で節税効果を得る仕組み

減価償却費匿名組合リース

航空機の「オペレーティングリース」で節税効果を得る仕組み

前回は、減価償却の活用について解説しました。今回は、航空機などを購入して航空会社等にリースする「オペレーティングリース」の仕組みについて見ていきます。

なぜオペレーティングリースで利益を圧縮できるのか?

オペレーティングリースという言葉を聞いたことがあるでしょうか。節税ができるというイメージは何となく持っていても、詳しい仕組みはわからないという人が多いでしょうから、その仕組みについて紹介しましょう。

 

オペレーティングリースでは、航空機などを購入して航空会社等にリースします。航空会社等からはリース収入を得ますが、受け取るリース代金よりも減価償却費のほうが多くなるため、その分が赤字となって利益を圧縮できるというものです。その後、航空機を売却すれば、それまでに受け取ったリース料と売却代金で購入費は賄えるので、節税効果だけが残るという仕組みです。

航空機の売却額によっては損失が発生する可能性もある

オペレーティングリースを行うためにはまず、匿名組合を設立します。会社は匿名組合に出資します。匿名組合は出資金と必要があれば銀行からの借入金を加え、航空機を購入します。この航空機は、航空会社等にリースが行われます。そして、匿名組合は航空会社等からリース料を受け取り、それが収益となります。

 

購入した航空機は匿名組合が購入したものですから、匿名組合で資産計上します。代わりに匿名組合は、航空機の減価償却を行うことができます。減価償却費はリース料よりも高額になりますので、匿名組合は赤字になります。

 

この赤字が出資者にも影響を及ぼすのです。そもそも匿名組合への出資した資金は、金融商品を購入した場合と同じ取り扱いとなります。出資した段階で、会社の財務諸表に資産の部で出資金などの名目で計上されます。

 

これにより、匿名組合に大きな損失が発生すると、この損失は出資割合に応じて出資者側にも反映されます。結果的に匿名組合の損失が会社の損失となり、利益を圧縮する効果があるのです。

 

出資した金額は3年程度で全額経費にすることができます。初年度には、6割近い金額を経費にできるのが一般的です。リース期間終了時には航空機は売却されて、その金額は出資者に分配されます。リース料の分配と売却額の分配で出資金は回収していけます。ただし航空機の売却額によっては損失が発生する可能性があります。

 

また、ドル建てで設計されることが多いため、ドルベースでは損失が出なくても為替の状況次第では為替差損が出る可能性もあります。ちなみにオペレーティングリースは個人で行ってもメリットがありますが、個人の場合は組合を通さずに直接購入するスキームになります。

本連載は、2015年9月2日刊行の書籍『財を「残す」技術』 から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

齋藤 伸市

株式会社東京会計パートナーズ 代表取締役

1960年東京都生まれ。大手損害保険会社を経て、1999年に生命保険を活用してオーナー企業の事業承継を支援するコンサルティング会社、ヒューマンネットワーク株式会社を設立、代表取締役に就任。2013年にはグループ会社として、オーナー個人の税務戦略に特化したコンサルティングを行う、株式会社東京会計パートナーズを設立、代表取締役に就任。1600人を超えるオーナー経営者や医療法人理事長を顧客とし、総合的な資産防衛のアドバイスを行っている。

著者紹介

連載会社に財を「残す」ための経費化のテクニック

財を「残す」技術

財を「残す」技術

齋藤 伸市

幻冬舎メディアコンサルティング

成功したオーナー経営者も、いずれは引退を考えなければいけない。そのときに課題になるのが、事業とお金をいかに残し、時代に受け継ぐかである。 保険代理店業を主軸として、オーナー社長の資産防衛と事業承継をコンサルティ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest