相続・事業承継 贈与 相続対策
連載馴れ合いのない対策で実現する相続税の節税【第10回】

スムーズな事業承継のために自社株の評価を下げる方法

事業継承優良申告法人株価退職金

スムーズな事業承継のために自社株の評価を下げる方法

前回は、代償分割による対策が失敗したケースについて見ていきました。今回は、自社株の評価額が高すぎて事業承継が難しくなった場合、どのように株価を下げればいいのか、実例を交えて見ていきます。

事業承継の大きなネックとなる「高い株価」という問題

同族経営の中小企業が存続するうえで、後継者に経営手腕と自社株を引き継ぐことは最も重要なテーマです。後継者には少なくとも発行済み株式数の3分の2以上を集中させなくてはなりません。それは自社株を持っていることイコール経営権を握っていることを意味するからです。

 

まずは、会社を経営している社長が子に事業を承継させたいと思うものの、株価が高くて移転が難しいというケースを考えていきます。これは私がある会合に出席した時に、たまたま隣に座った男性が雑談的に持ち出した話です。

 

その方は東北地方に住む70代の男性です。機械部品の製造会社を一代で築いて30年、ずっと安定した経営をしており、最近の売り上げも好調です。「わが社は優良法人なんですよ」と嬉しそうに話されていました。

 

優良法人というのは、正式には優良申告法人といい、「企業の経営内容に嘘偽りがなく、社員の所得水準も高くて、納税も毎年きちんとしている会社である」と税務署が認めた法人です。これに選定されるのは全法人の約1%といわれています。

 

しかし、男性は70歳を越えて健康に自信がなくなり、そろそろ相続のことが気になりだしたとのことでした。40代の長男が専務として事業をサポートしており、その妻が経理を手伝っています。次男は事業には携わっていません。

 

さすが優良法人だけあって自社株の評価額は5億円近くもありました。その8割は社長が保有しています。残りの2割は社長の妻の保有です。これを長男に移転しようと思うのですが、贈与しようとすると、2億5000万円という莫大な贈与税がかかります。かといって相続まで待っても、1億7000万円あまりの相続税がかかりそうです。事業承継税制も検討しましたが、人員整理もしなければならない状況なので、8割以上の雇用が確保できないということで見送っており、「早く経営を譲ってしまいたいが今のままでは譲れない。どうしたものか」と悩んでいらっしゃいました。

 

これだけの優良な会社ですから、顧問税理士は当然います。私はこれ以上詳しく聞いてしまうと、その顧問税理士のテリトリーを侵してしまうことになりかねないので、「お話を聞くことくらいはできますが、顧問の先生はどんな意見やアドバイスをされていますか」とやんわりと聞いてみました。

 

しかし、その社長は自社の顧問税理士に何年も前から頼んでいるけれど、一向に提案がないので物足りなさを感じているのか、あるいは会計業務だけやってもらえればいいと割り切っているのかわかりませんが、どんどん私に深い話を始めるのです。そして、とうとう「あなたなら、わが社をどうにかできますか」と聞かれてしまいました。私は仕方なく、「たぶんできると思います」と答えました。これ以前の段階で、私はこの会社の顧問税理士が株の評価を適正にできていないことを感じていました。このままでは、「せっかくのいい会社を潰してしまうかもしれない」と思うと忍びなかったのです。

まず検討すべきは退職金の支払いによる評価の引き下げ

さて、こういった場合、まず最初に考えるのは株の評価を下げることです。そして、株価が下がったところで長男に贈与します。そうすれば、贈与税を抑えて株を移転できるのです。では、どうやって株の評価を下げるかですが、これにはいくつかのメニューがあります。

 

①役員に退職金を支払う

②不動産を購入する

③減価償却を計上する

④生命保険を活用する

 

まず①「役員に退職金を支払う」から説明します。社長に許される範囲で最大限の退職金を支払います。まとまった額の退職金を放出することで一気に会社の利益を下げてしまうのです。退職金は「最終月額報酬×勤続年数×功績倍率(2〜3倍)」で出すのが相場です。この社長の場合、月額報酬が150万円でした。

 

本来、これだけ業績のいい会社であれば、社長の報酬額はもっと大きくてもおかしくありません。しかし、社長の人柄なのか、実につましい額で満足していたようです。これは余談ですが、私が「倍の報酬でもおかしくない」というと、社長は「そんなにもらっていいのですか!」と素直に驚いていました。私はこの時点でも「顧問税理士は社長の報酬を適正に判断していないのかもしれない」と違和感を覚えました。

 

ともかく、社長の退職金を1億4000万円に設定。これは、これまで社長が時間をかけて積み上げてきた努力に対する報酬ですから、正々堂々と受け取っていい金額です。しかも退職金によって会社の利益が圧縮され、会社の資産が減少します。ということは、おのずと株価も下がります。巨額の退職金をもらうことは、何よりも会社のためになるのです。

 

ここで、株式の評価について少し説明しておきます。

 

株式の評価方法は原則3つです。「類似業種比準方式」「純資産価額方式」「配当還元方式」です。今お話ししている同族経営の中小企業の場合は、類似業種比準方式と純資産価額方式を組み合わせて算出する「併用方式」を利用します。次回の第11回では、評価方式について説明しましょう。

本連載は、2013年11月1日刊行の書籍『相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

田中 誠

税理士法人エクラコンサルティング
株式会社エクラコンサルティング 代表社員

長野県生まれ。昭和54年横浜国立大学経営学部卒業。平成3年株式会社タクトコンサルティング入社。平成15年税理士法人タクトコンサルティング代表社員に就任。平成23年税理士法人エクラコンサルティング・株式会社エクラコンサルティングを設立。税理士法人タクトコンサルティングで20年にわたり、全国の税理士・会計士との共同案件を実践してきた経験を生かし、現在も同様に相続、譲渡、交換、事業承継、土地活用、M &A等に関する実務および企画研究、講演、執筆等、日本全国で活動している。

著者紹介

連載馴れ合いのない対策で実現する相続税の節税

相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する

相続税対策は顧問税理士に頼むと必ず失敗する

田中 誠

幻冬舎メディアコンサルティング

税のプロとして認識されている税理士にも得意不得意分野があります。特に不動産を含む資産税に関する対策は、その実務経験がものをいいます。つまり、相続税対策はどの税理士に頼むかで、結果が大きく変わるのです。 本書は、…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest