アメリカで820万世帯の賃貸需要を生んだ「2つのトレンド」

前回は、アメリカ不動産投資における「地域」の選び方を解説しました。今回は、アメリカで820万世帯の賃貸需要を生んだ「2つのトレンド」について見ていきます。

サブプライム危機により押し上げられた賃貸需要

今、アメリカには大体1億3000万戸の住宅用不動産があります。


その中にも一軒家やアパート、コンドミニアムなど、さまざまな住宅形態があるわけですが、注目されるのは2010年から2015年にかけて820万室の賃貸需要が生まれるということです。


これには、大きく2つのトレンドが背景にあります。


 

第1に、2007年のサブプライム危機によって、当時一軒家に住んでいた人たちの中には、住宅ローンの返済ができなくなった人が増えました。彼らは一軒家を売り払い、アパートをはじめとする集合住宅などの賃貸住宅に移り住み、賃貸需要を押し上げました。


第2に、アメリカの景気がようやく上向きになったこと。景気が悪化した時、職を失って実家に戻り、親と同居していた人たちが今、景気の好転に伴って、親元を離れて住み始めたことです。


こうした2つのトレンドがあり、5年間で約820万世帯の賃貸需要を増やすという流れができ上がってきたわけです。


実際、アメリカの不動産市況はほぼ底入れしたようです。


例えばテキサスなどはダメージが少なかったため、不動産価格は2011年頃から上昇に転じました。不動産がダブつき気味だったネバタ州のラスベガスでも、ようやく2013年くらいに底を打ち、上昇に転じています。

ベビーブーマーやその子ども世代の賃貸需要も変化

2012年のデータによれば、全米の平均で見ると、不動産物件の中心価格帯は世帯年収の3.2倍程度になっています。オーストラリアやカナダは、5倍、6倍になっていますし、香港に至っては13倍というとんでもない状況です。日本国内でも、東京カンテイが出している不動産データによると、新築不動産の価格は、東京であれば世帯年収の5倍、6倍です。

 

 

[図表]アメリカにおける州の経済規模トップ20(2012年)

アメリカ商務省経済分析局ホームページをもとに作成
アメリカ商務省経済分析局ホームページをもとに作成

 


それらを比較すると、アメリカの不動産価格は世帯年収から見て、まだ割安と言えます。年収が600万円であれば、物件価格は1800万円程度です。これが東京であれば、平均で世帯年収の5倍ですから、物件価格は3000万円くらいになります。


また、ライフスタイルから見て、アメリカの不動産価格が今後、堅調に推移するエリアを絞り込むこともできます。


例えば、7600万人いると言われているベビーブーマー世代が退職し、子どもも巣立って、郊外の一軒家から、街中の小さな家に引っ越して、夫婦2人でのんびり暮らそうという流れがあります。


あるいは、「ジェネレーションY層」と言われている、8000万人近くに達するベビーブーマーの子ども世代も、賃貸需要を後押ししています。彼らは、大都市圏に住み、車のない生活や、身軽な賃貸生活を好む傾向があります。


こうした人たちのニーズによって、ロケーションがよいなどの好条件の賃貸物件を保有していれば、家賃の値上がりや空室率の低下が見込まれ、それらを手入れすることで、さらに物件の価値を引き上げることができます。


日本にいると、1990年代以降、バブルの崩壊によって不動産価格は下落の一途をたどったというのが一般的な印象ですが、アメリカの場合は、上下を繰り返しながら、平均すると年3〜4%程度の値上がりを実現してきているのです。


このように、現在のアメリカ不動産市場には、さまざまな魅力があります。

本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『究極の海外不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載海外不動産投資を活用した資産形成&資産防衛のススメ

株式会社資産デザイン研究所 代表取締役

1986年、東京大学経済学部卒。MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒(MBA)。1999年に株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の立ち上げに参加。2013年に株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長に就任。自らも投資家として活動する一方、資産運用に関する講演、セミナー、執筆活動など多方面で活躍する。また、一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事として、資産運用の重要性を広めるべく、人材育成にも力を入れている。主な著書に、シリーズ累計12万部を超える『〔第3版〕内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)の他、『内藤忍 お金の話をしませんか?』(日経BP社)、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)などがある。
1996年から続く、公式個人ブログ「Shinoby’s World」は、毎日更新。毎週金曜日には「資産デザイン研究所メール」(無料)で、資産運用に関する最新情報を配信中。

著者紹介

究極の海外不動産投資

究極の海外不動産投資

内藤 忍+GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

海外不動産投資の最大の魅力は、海外の国や地域が持つ「成長力」に投資できること。とはいえ、やみくもに投資を行っても利益は得られません。目的に合った投資先に、適切な方法で投資することこそが「究極の海外不動産投資」な…

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

日本×世界で富を築く グローバル不動産投資

内藤 忍

幻冬舎メディアコンサルティング

今や、不動産投資において日本国内と海外の垣根はなくなりつつあります。 身近でわかりやすく、土地勘のある国内不動産。 成長性の高いエリアならば高収益が見込める海外不動産。 各投資商品の違いを比較することで、メリッ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧