税金 節税
連載スゴい「節税」【第59回】

クルマの「修理費」も損金計上できる!?

修繕費資本的支出損金

クルマの「修理費」も損金計上できる!?

修繕費として計上できるものには「20万円未満、または3年以内の周期で行われるもの」、あるいは「総額が60万円未満、または取得価格の10%以下のもの」などがありますが、なかには例外もあり、気をつける必要があります。

まとめて損金扱いが可能な「修繕費」

すでに取得している固定資産に大きな修繕費がかかった場合、この費用は「修繕費」としてまとめて損金扱いにできます。たとえば建物、機会、クルマなどの固定資産が壊れたり、故障して「原状回復」のための修理を行う場合です。これを資産に計上しているケースがあるのですが、修繕であれば経費になります。 
 
細かい判定の基準はいろいろですが、たとえば、「20万円未満、または3年以内の周期で行われるもの」、あるいは「総額が60万円未満、または取得価格の10%以下のもの」などであれば、ほぼ修繕費として認められると考えていいかもしれません。

修繕費は一括計上できないものもある

ただし、大幅な改良、増設になった場合は、新たに改良した部分を「新規の資産(資本的支出)」として、その部分の耐用年数に基づいて減価償却費を計算することになります。つまり、一括して「修繕費」として利益を抑えるというわけにはいかないのです。 
 
特に、建物の補修費や改修費は、固定資産の価値を高め、その耐久性を増すことになる場合が多いため、この「資本的支出」として判断される場合があります。 
 
資本的支出というのは、「建物の増改築などの費用」のことです。たとえば「建物の避難階段の取り付け費用」「用途変更のための模様替え、または改装に直接かかった費用」なども資本的支出と考えられます。さらに、「機械の部品などを、品質や性能の高いものに取り替えた場合」も取り替え費用や通常の取り替えよりも余計にかかった費用などは資本的支出になります。 
 
ちなみに、修繕費と資本的支出の区分がよくわからないようなケースでは、特例で継続してその金額の30%相当額、もしくは修理、改良などをした固定資産の取得価額の10%相当額のいずれか少ない金額を修繕費として、残りを資本的支出にできるとあります。

 

要するに、建物などの修繕の場合は、事前に税理士など専門家に相談したほうがいいということです。できれば、修繕費としてその年度内で損金として節税したいものです。可能なものはできるだけ修繕費として損金処理をしましょう。

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『スゴい「節税」』から抜粋したものです。その後の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載スゴい「節税」

スゴい「節税」

スゴい「節税」

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

増税、デフレ、円高不況・・・。中小企業が日本の厳しい経済環境を乗り切るには、いかに売上を伸ばすかということ以上に、今ある利益をいかに残すかに注目することが必要でした。その解決策は節税にアリ。「日々の交際費でコツ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest