仮想通貨「ビットコイン」・・・誰が何のために作ったのか?

本連載は、フィスコ仮想通貨取引所の取締役である田代昌之氏の著書、『フィスコ仮想通貨取引所で始める「ビットコイン取引」超入門』(実業之日本社)より一部を抜粋し、ビットコインに関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく説明します。

「法定通貨」との一番大きな違いとは?

注目度が高まるばかりのビットコインですが、いったいどのようなものでしょうか。まず、ビットコインの基本を押さえておきましょう。

 

ビットコインに代表されるネット空間で存在している通貨を〝仮想通貨〟と呼びます。その仮想通貨と従来からある日本円や米ドルなどの〝法定通貨〟との一番大きな違いは、仮想通貨には「紙幣」や「硬貨」といった実体がないことです。

 

なぜなら仮想通貨は「価値を持ったデジタルデータ」だからです。詳細は以降に譲りますが、デジタルデータといえども、きちんとした通貨であるわけです。

ビットコインの通貨単位はBTC(ビーティーシー)

従来の通貨に「円」「ドル」「ユーロ」といった通貨単位があるように、ビットコインにも通貨単位があります。それが「BTC(ビィーティーシー)」です。

 

米ドルに「ドル」以下の単位として「セント」、日本円に「円」以下の単位として「銭」があるように、BTC以下の「Satoshi(サトシ)」という単位もあります。1Satoshi=0.00000001BTC(1BTCの1億分の1)で、ビットコインの最小単位となっています。

 

ビットコインの発明者は謎の人物「ナカモト・サトシ」

ちなみに、「サトシ」という単位は、ビットコインをつくったとされるサトシ・ナカモト氏にちなんだものです。ビットコインは、同氏が2008年にインターネット上に発表した論文をもとに生まれました。

 

サトシ・ナカモト氏は誰だか特定されていません。この名前は偽名と考える人が多く、日本人ではないとの見方が大勢を占めています。世界中で注目を集めるビットコインの誕生には、ちょっとしたミステリーがあるのです。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載そもそも仮想通貨って何? 「ビットコイン取引」基本のキ

フィスコ仮想通貨取引所 取締役

北海道出身。中央大学文学部史学科日本史学科卒業。新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経てフィスコに入社。17年3月から現職も兼務。ボラティリティに関する論文でIFTA国際検定テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)を取得。各ベンダーへの情報提供のほか、YAHOOファイナンスなどへもコメントを提供。日経CNBCで定期的にコメンテーターを務めるほか、ラジオNIKKEIではキャスター業務を務める。

著者紹介

フィスコ仮想通貨取引所で始める「ビットコイン取引」超入門

フィスコ仮想通貨取引所で始める「ビットコイン取引」超入門

田代 昌之

実業之日本社

大注目!ビットコイン元年の今こそ、チャンス 株式投資、FXに次ぐ、仮想通貨の新しい投資法 2015年以降、上昇を続けるビットコイン価格!直近の1年間でも約5倍の価格となっている。これからどんどん参加者は増え、価格も上昇…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧