百万遍、西陣、二条、円町…京都市内で注目の投資エリア

前回は、「インバウンド特需」で広がりを見せる京都市の投資エリアについて取り上げました。今回は、京都市内で注目の投資エリアを見ていきます。

便利な立地で社会人や学生需要が見込める「西陣エリア」

ここまでで紹介していない京都市内のエリアでもまだまだ注目のエリアはあります。いくつかご紹介していきましょう。

 

<百万遍エリア>

 

京阪本線の終点「出町柳」駅と、叡山電鉄の始発駅「出町柳」駅が接するのがこのエリアです。京都大学のある吉田に近いこともあって、学生向けのリーズナブルな賃貸物件が多くあります。京都の中心から少しだけ離れていることもあり、鴨川近くの比較的静かな場所として今後、収益物件の投資対象として注目したいエリアの一つです。

 

<西陣エリア>

 

西陣織など織物産業で栄え、古い街並みが今も残る西陣。西陣千本周辺はかつて「東の河原町、西の千本」と並び称された大歓楽街で、映画館や芝居小屋が軒を連ねていました。寺院が点在し、町家も多く残されている京都らしい風情で観光地としても人気になっています。佛教大学・立命館大学・同志社大学への通学圏内で、バスに乗ればすぐ京都の中心街に出られる便利な立地でもあり、社会人・大学生共に需要が見込めます。

大学関係施設も多く、若者で賑わう「二条エリア」

<二条エリア>

 

地下鉄東西線の開通以降、ここ数年で急ピッチに開発が進みつつあるエリアです。JR二条駅を出てすぐにある商業施設「BiVi二条」には映画館のほかアミューズメント施設、飲食店などが入っています。また、近隣には佛教大学二条キャンパス、立命館大学朱雀キャンパスなどの大学関係施設も多く、若者で賑わっています。

 

どこへ出るにも大変便利な場所で、地下鉄東西線「二条城」駅から1本で烏丸御池へ出られるほか、JR嵯峨野線を使えば、わずか2駅でJR京都。このほか阪急「大宮」駅や京福「四条大宮」駅も利用しやすく、学生・社会人共に賃貸人気が高いエリアです。

 

<円町エリア>

 

京都駅へ3駅のJR円町駅に加えて、丸太町通と西大路通の交わる円町交差点からは市内各地へ向かう市バス・JRバス・京都バスが出ているので、交通アクセスの良いエリアです。ハブになっている円町駅周辺には大型家電量販店や飲食チェーン店などが揃っています。公共施設も多く、京都市中央図書館と併設した市民生涯学習センターは、映画上映やカルチャースクールなどで多くの市民に利用されています。

 

西には花園大学、北エリアには立命館大学があるので学生需要があるほか、大通りを入れば静かな住宅街なので、社会人やファミリーにも人気があります。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載市内のエリアごとに見る「京都不動産」の特徴

日本ホールディングス株式会社 代表取締役

1992年に日経ビルディング(現日本ホールディングス)の設立に参加。2011年、代表取締役に就任。顧客最重要の姿勢を徹底し、京都で唯一の投資用マンションディベロッパー会社を牽引。全国各地での新聞社等主催不動産投資セミナー、フェアにて多数の講演実績を持ち、京都の魅力を説く。

著者紹介

誰も知らない京都不動産投資の魅力

誰も知らない京都不動産投資の魅力

八尾 浩之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、不動産投資人気が過熱しており、将来の年金不安や資産運用など財テクの必要性から不動産投資を始める人が増えてきています。しかし、ブームが起こると競争が激化し、都市部では価格の高騰や建築コストの増加でマンション…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧