「大比較検討時代」で変化した建築・不動産業界のサービス

今回は、「大比較検討時代」で変化した建築・不動産業界のサービスについて見ていきます。※本連載では、創造系不動産株式会社・代表の高橋寿太郎氏の著書『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』(学芸出版社)の中から一部を抜粋し、「不動産思考」の必要性について詳しく見ていきます。

建て主自身が横断的に情報を入手・検討できる時代

前回の続きです

 

当然、建築家や建築設計事務所も、インターネットにより変わりつつあります。

 

例えば家づくりを依頼しようとする建て主は、事前に膨大な住まいの空間イメージを検索し、鑑賞し、比較検討できるようになりました。建築家の公式ホームページやブログをはじめ、建築家プロデュース会社や建築家紹介サイトをチェックし、さらにハウスメーカー、インテリアデザイナー、さまざまなタイプの工務店との仕事の違いや、メリット、デメリットを、事前に検証できます。

 

つまり、プロではなく消費者である建て主自身が横断的に情報を入手し検討できる、そんな「大比較検討時代」が始まっています。建て主は、素早くインターネットで情報収集する感性を養い、個別のテーマ(例えばキッチン、設備機器、時に床や壁の素材等関心に沿ったテーマ)ではプロ顔負けの情報量を持つことも可能になりました。色んな業種を「横断的に」比較検討する感覚を持っているのは、実は専門家よりも、まずは革新的な建て主です。

ホームページは比較・検討、選択するための判断材料に

そうした彼らをサポートするために、建築業界は横断的なサービスを開始します。

 

安心力が売りのハウスメーカーが、デザイン力や個別対応力を高める努力を始めます。地域密着の工務店が、デザイナーを起用し格好良いホームページをつくります。また建売メーカーが、建築家にコーディネートを依頼しデザイン性を高めます。建築設計事務所の中には専門誌を出て、一般誌やインターネット媒体で広告展開する所が現れる、そんな時代です。建て主は建築専門誌やデザイン誌だけでなく、自宅のパソコンやスマホからさまざまな会社のデザイン、コンセプト、技術とサービスを確認した上で、「この建築家に任せたい」「この会社の話を聞いてみたい」と、コンタクトを取ります。今やどんな規模の企業、設計事務所にとってもホームページは、建て主が比較・検討、そして選択するための大きな判断材料になっています。

 

[図表] 『大比較検討時代』の建物づくり

 

一方、不動産会社も、ホームページで取り扱うマンションや土地等の「物件情報」を常に新しくして、お客様に選んでもらうための努力を惜しみません。単に物件情報を豊富にするだけではなく、それらを分かりやすく、検索しやすく、デザインを良くすることで、他社と異なるアピールポイントを伝える工夫をしています。

 

世の中は、そうした大比較検討時代の建て主にサービスするように、会社のシステムを変化させていくのです。

本連載は、2015年5月1日刊行の書籍『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

創造系不動産株式会社 代表取締役

1975年大阪市生まれ。『建築と不動産のあいだを追究する』を経営理念、ブランドコンセプトとする。2000年京都工芸繊維大学大学院 岸和郎研究室 修了後、古市徹雄都市建築研究所勤務を経て、東京の不動産会社で分譲開発・売買仲介・賃貸管理・コンサルティングなどに幅広く携わる。 2011年創造系不動産を設立。扱う案件はすべて、建築家やデザイナーと共働し、建築設計業務と不動産業務のあいだから、数々の顧客の利益を創る。建築不動産コンサルタント、一級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー。

著者紹介

連載これからの建築に不可欠な「不動産思考」とは?

建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける 不動産思考術

建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける 不動産思考術

高橋 寿太郎

学芸出版社

建築・不動産業を渡り歩き、両者のコラボレーションを開拓する著者が、よりクリエイティブな価値を生む建築不動産フロー〈ビジョン→ファイナンス→不動産→デザイン→施工→マネジメント〉を伝授。これがあれば建築家は建て主…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧