コインパーキングのキャッシュレス化を実現する「PCIDSS」

今回は、コインパーキングのキャッシュレス決済へ対応するセキュリティ基準、「PCIDSS」について見ていきます。※本連載では、多数の著作を持つ評論家・パーソナリティとして知られる鶴蒔靖夫氏の著書、『進化するコインパーキング ユーザーファーストで実現する安心・安全・快適な駐車場ネットワーク』(IN通信社)から一部を抜粋し、画期的な「ロックレス駐車場」のシステムを紹介していきます。

クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準

キャッシュレス化は世界的な流れであるが、日本は他の先進国に比してキャッシュレス化が遅れているとされてきた。しかし、政府も2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、キャッシュレス決済を推進するべく、その環境整備を進めている。そのひとつが、経済産業省がクレジットカードのセキュリティ環境整備の実行計画として進めるPCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)への準拠だ。

 

PCIDSSとは、会員のクレジットカード情報や取引情報を安全に守るために、VISA、JCB、Master Card、American Express、Discoverの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準のことで、12の基本要件と対応する242の個別要件、406のテスト手順から構成されている。

 

アイテックのロックレス駐車場にはインターネット対応精算機が設置されており、これからはキャッシュレス決済が増えることを見込んで、安全なセキュリティ環境を整備しようと、2015年にPCIDSS完全準拠の認定取得プロジェクトを立ち上げた。そのプロジェクトを率いていたのが開発部長の三代澤であり、グローバル・ネットワークシステムおよびQT‐netサービスの構築と並んで、同社のなかでは大きなプロジェクトだったという。

 

「要件の数も多く、一つひとつ要求されることのレベルが非常に高いですからね。それらの要件に沿うよう決済システムの業務運用の改善を行い、認定審査機関(QSA)の国際マネジメント認証機構の審査を受け、2016年8月に晴れて完全準拠の認定を取得することができました」

小さな会社の認定取得は「技術力」の賜物

経済産業省は、東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年に向け、クレジットカード会社はもとより、クレジットカードの加盟店、決済代行事業者など、クレジットカードに関わる企業に対し、PCIDSSへの準拠をすすめているが、あまりにもハードルが高いことから、いまだ認定取得に至っていない企業が多いと聞く。実際、日本ではまだ、全国で200社ほどしか認定を取得していない。しかも、取得しているのは名だたる大手企業ばかりだ。

 

三代澤としては自分に課せられた大きな任務を無事に成し遂げることができ、感慨を新たにしているようだ。

 

「日本には、クレジットカード会社だけでも260社くらいあるんですね。クレジットカード会社などは本来、真っ先に認定をとらなければいけないのに、まだとれていないところもたくさんあるわけです。流通系の大手なども当然取得しなければならないはずなのに、まだそれほどとれていません。当社のような小さな会社がクレジットカードの決済センターを持つというのは、けっこうたいへんなことです。いまさらながら、よくぞとれたものだと思いますよ」

 

三代澤は、こう謙遜するが、これには精工舎時代からエンジニアとして積み重ねてきたキャリアが大きくものを言ったに違いない。一ノ瀬も、「認定取得は、当社の技術力の賜物です」と満足げだ。

本連載は、2017年2月刊行の書籍『進化するコインパーキング ユーザーファーストで実現する安心・安全・快適な駐車場ネットワーク』から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載土地オーナー必見!次世代「ロックレス」コインパーキングの最新事情

評論家・パーソナリティ 

1938年、樺太(現サハリン)に生まれる。フリーライター、雑誌「人物評論」編集主幹を経て、著述活動に入る。「こんにちは!鶴蒔靖夫です」(ラジオ日本)は放送8500回を超える長寿番組。主な著書に『LED革命』『続続 大変革を読むヒント』『すべては学生のために』『ボランティアの時代』『対談 どうする!医療改革』『薬剤師新時代の到来』『逆境こそがわが人生』『医学部受験 富士学院の軌跡と奇跡』『お泊りデイサービスは、なぜ必要なのか』など多数。

著者紹介

進化するコインパーキング ユーザーファーストで実現する 安心・安全・快適な 駐車場ネットワーク

進化するコインパーキング ユーザーファーストで実現する 安心・安全・快適な 駐車場ネットワーク

鶴蒔 靖夫

IN通信社

コインパーキングにつきもののロック板。しかし、このロック板があるために、クルマのタイヤやホイールに傷がついたり、人がつまずいて転倒するといったトラブルも少なくない。また、運転や車庫入れがあまり得意ではない人にと…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧