税金 節税
連載スゴい「節税」【第57回】

役員室の絵画を買うなら「号当たり2万円」まで

固定資産減価償却書画骨董

役員室の絵画を買うなら「号当たり2万円」まで

「書画骨董」に分類される美術品は、価値が減らないと考えられ、減価償却の対象から外れます。今回は、節税目的に絵画を購入する際の注意点について見ていきます。

減価償却扱いになる絵画、ならない絵画

ネットオークションで美術品を収集するのが何よりも好きな、通信関連会社のM社長。経理部長から、また問い詰められているようです。 
 
「社長、またネットオークションで絵を買ったんじゃないでしょうね」
「応接室に飾るから。それなら会社の備品として経費で落ちるでしょう。美術年鑑で調べて買ったから、しっかりしたものだよ」
「美術年鑑?それじゃあ書画骨董扱いで減価償却できませんよ」

 
節税目的で絵画を購入する、という人もいます。「業績がよかったので、節税用に応接室の絵画を購入した」という話はよく聞きます。 応接室の絵画などは、会社の備品で固定資産ですから、10万円以上なら通常どおり減価償却の対象になります。

書画骨董は償却の対象外

ただ、この絵画がいわゆる「書画骨董」に分類されるものだった場合は、償却できないので注意が必要です。古美術品などとして価値が認められているものは、年月が経ってもその価値が減らないと考えられるからです。 
 
書画骨董の定義については、「法人税基本通達7-1-1」によって美術年鑑に記載されている作家の制作した書画、あるいは取得価額が号2万円を超えるような書画は、「書画骨董」に該当するとされています。いずれにしても、号2万円以上、あるいは美術年鑑に記載されている作家の絵画は「書画骨董」と判断されて減価償却できないことを覚悟したほうがよさそうです。書画骨董扱いにならないものであれば何年かで償却してしまえばいいだけのことです。 
 
「号」というのは絵画の大きさを示す単位で、1号といえばハガキサイズ程度、6号ならA3程度、100号になると畳1枚半ぐらいです。1号当たりの単価は、作家によって相場が異なり、美術年鑑で調べることができます。 
 
ちなみに、二科展初入選クラスの新人で号当たり5000円ぐらい。有名な画家になると、号当たり1000万円クラスもめずらしくありませんが、号当たり2万円未満というと、かなりの若手でまだ無名な作家といえます。 
 
将来有名になってその絵が高くなるかどうかは未知数、という画家のものになりますが、それでも気に入った絵画を社内に掛けておくのは楽しいものです。減価償却できる範囲で、こうした絵画を選ぶのは、気持ちの上でも、節税の上でも、おすすめしたいと思います。

本連載は、2012年12月19日刊行の書籍『スゴい「節税」』から抜粋したものです。その後の税制改正は反映されておりませんので、ご留意ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載スゴい「節税」

スゴい「節税」

スゴい「節税」

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

増税、デフレ、円高不況・・・。中小企業が日本の厳しい経済環境を乗り切るには、いかに売上を伸ばすかということ以上に、今ある利益をいかに残すかに注目することが必要でした。その解決策は節税にアリ。「日々の交際費でコツ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest