税務調査官が勝手に資料を見始めたら・・・抗議できるか?

今回は、税務調査官が勝手にこちらが「承諾」していない資料を見始めた場合の対応について見ていきます。※本連載は、元国税調査官の税理士で、顧問業務のほか税務調査対策等のコンサルティングを行う松嶋洋氏の著書、『<押せば意外に>税務署なんて怖くない』(かんき出版)より一部を抜粋し、具体的な税務調査対策を紹介します。

調査では「承諾した行為以外」は認められない

税務調査は任意調査なので、調査の実施を拒否することは違法であるものの、可能な範囲内で協力すれば足りるものです。この協力について押さえておくべきは「承諾」というキーワードです。

 

調査官から、確認しようとする資料について許可を求められる場合、それに対して「承諾」をすれば、その手続きは基本的に問題がない、とされます。

 

調査官は税額計算等に関係ある資料であれば、チェックすることが可能ですから、求められれば「承諾」せざるを得ないことも事実ですが、このあたり税理士も調査官も甘く見る傾向があります。

 

たとえば、無予告で調査される場合など、とくに「承諾」を与えていないのに、調査官が会社の目を盗んで勝手に資料を見ることがありますが、「承諾」をしていない以上、それは問題がある行為となるわけで、抗議してしかるべきことです。

 

税理士や納税者の本音として、調査官に抗議などできない、という恐れがあるかもしれませんが、これは後々大きな問題に発展する可能性があります。と言いますのも、「承諾」には「黙示の承諾」も含まれるとされているからです。

 

先の例で言えば、勝手に資料を見始めた調査官に対し、明確に拒否をしないのであれば、その調査官が資料を確認することを「承諾」したと捉えられる可能性が大きいのです。つまり、明確にイエスと答える明示の承諾はもちろん、明確にノーと答えない黙示の承諾として「承諾」したと取り扱われる可能性があります。

抗議しないと法律上も「問題なし」の扱いに

ところで、私は税務調査の相談を多数受けていますが、その多くは法律に細かい規定が書かれていない「税務調査の進め方」に関することです。

 

法律に細かい規定が書かれていれば、それに照らして是非を判断できますが、税務調査の進め方は細かく規定されていませんので、税理士や納税者から見ればやりすぎになり、調査官から見れば問題がない、となり、往々にしてトラブルに発展します。この点、基本的には調査官が問題なしと考える合理的な手続きによっていれば、裁判所は問題がないと判断する傾向があります。

 

以上を踏まえると、われわれが税務調査の進め方について問題があると考えた場合には、すべからく調査官に抗議しなければならないということになります。

 

抗議しなければ、先の黙示の承諾によって調査官の調査を受け入れたことになる可能性がありますし、税務調査の進め方は調査官の考えによる部分が大きいわけですから、なぜ合理的な手続きとなるのか、それを税務調査の段階で明確にしてもらわなければ、後日裁判で争うことも非常に困難になるのです。

 

抗議しなければ受け入れた、という話になって税務調査が法律上も問題ないとされるのが税務調査の真実であるわけで、批判も多いところですが、税務署と闘う姿勢を持つことは、税務調査対策に必須なのです。

 

<POINT>

調査官の問題行動でも、抗議しなければ認めたことになる

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続税対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載元国税調査官が教える「税務調査」対策のポイント

元国税調査官
税理士

昭和54年福岡県生まれ。平成14年東京大学卒。その後、国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)、東京国税局、企業税制研究所(現日本税制研究所)を経て、平成23年9月に独立。

現在は通常の顧問業務の他、税務調査対策等のコンサルティング並びにセミナー及び執筆も主な業務として活動。とりわけ、平成10年以後の法人税制抜本改革を担当した元主税局課長補佐に師事した法令解釈をフル回転させるとともに、当局の経験を活かして予測される実務対応まで踏み込んで解説した、税制改正解説テキスト「超速」シリーズ(http://inspireconsulting.co.jp/tax/26kaisei.html)は毎年数百名の税理士が購入し、非常に高い支持を得ている。

著書に『最新リース税制』(共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(共著)、『税務署の裏側』『社長、その領収書は経費で落とせます!』『押せば意外に税務署なんて怖くない』などがあり、現在納税通信において「税務調査の真実と調査官の本音」という100回を超えるコラムを連載中。

<セミナー講師実績の一部>
東京税理士会麻布支部:「税理士が見落としがちな税務の盲点」
九州北部税理士会:「税務調査の実態と調査官の本音」
鳥飼総合法律事務所:「税務調査に強い税理士になるための裁決等事例研究」
アックスコンサルティング:「自社株対策(組織再編とグループ税制の活用)」
アックスコンサルティング:「事業承継税制(平成25年度改正)」
ビズアップ総研:「税務調査対策(事前準備と交渉術)」
インスパイアコンサルティング:「印紙税税務調査対策」
インスパイアコンサルティング:「消費税の基本と実務」
国際物流総合研究所:「経営者が知っておくべき税務調査対策」
大槻Mクラブ:「税務調査の真実と嘘・本当」

コーポレートサイト:松嶋洋.com(http://yo-matsushima.com/)
facebookページ:http://qq3q.biz/nAs6

著者紹介

押せば意外に 税務署なんて怖くない

押せば意外に 税務署なんて怖くない

松嶋 洋

かんき出版

国税OBが教える「税務調査のかわし方」 全国にいる税務署員と税理士に幅広く読まれる税務の専門紙「納税通信」(週刊)の人気連載を書籍化! 「年収の3倍程度は税金を取ってこい」とハッパを掛けられる税務調査官。本筋よりも国…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧