「為替介入」と「外貨準備高」の仕組みと影響

今回は、「為替介入」と「外貨準備高」の仕組みと影響について見ていきます。※本連載は、大阪府の有名高校の教諭を歴任し、現在は大阪府立天王寺高等学校の非常勤講師を務める南英世氏の著書、『意味がわかる経済学』(ベレ出版刊行)の中から一部を抜粋し、経済学の基礎知識をわかりやすく説明します。

為替介入の判断は財務省、実働部隊は日銀

為替レートの乱高下を抑えるために、政府・日銀が為替相場に介入することがあります。これを為替介入といいます。変動相場制の下では、為替レートは市場にゆだねておくのが原則です。しかし、投機資金が入って為替レートの変動が行きすぎて実体経済に悪影響を及ぼす恐れがある場合、介入が行なわれます。

 

介入をするかどうかを判断する権限は財務省にあり、財務官の指示の下で日銀が実働部隊として介入を実行します。たとえば、円高・ドル安を抑える場合、まず外国為替資金特別会計で政府短期証券を発行して民間金融機関から円を借り入れ、その資金で円売り・ドル買いを行ないます。円売り・ドル買いは日本国内だけではなく、アメリカやヨーロッパにある口座なども使って秘密裏に行なわれます。

 

1日の為替取引が5兆ドル( = 600兆円)といわれ、その8~9割が投機目的とされるなかで、日銀が行なう数十億ドル程度の介入は、文字どおり「焼け石に水」ともいえますが、それでも通貨当局の意思を示すものとして、相場の流れに一定の影響を与えることはできます。

為替相場の安定には、ある程度の外貨保有が必要

購入したドルは、そのほとんどがアメリカ国債の購入に充てられ、外貨準備高に繰り入れられます。現在、外貨準備高が世界で一番多いのは中国で、日本は第2位で1兆2330億ドル保有しています(2015年)。

 

もし外貨準備高が不足すると、円が急落した場合、ドル売り・円買いで対抗することができません。1997年のアジア通貨危機の際に外貨不足に陥ったタイなどでは、結局自国通貨を守ることができず、通貨暴落の憂き目に遭いました。為替相場の安定のためには、ある程度の外貨を持っていることが必要です。

 

[図表]おもな国の外貨準備高

(資料:日本国勢図絵2015/16)
(資料:日本国勢図絵2015/16)

本連載は、2017年5月25日刊行の書籍『意味がわかる経済学』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経済ニュースを本質から理解するための「経済学」入門

大阪府立天王寺高等学校 非常勤講師

1951年生まれ。金沢大学卒。金沢大学助手を経て、1983年より大阪府立高等学校社会科教諭。2006年より指導教諭として、新採教員および中堅教員の授業力向上のために助言および師範授業に取り組む。「授業とは感動を与えることである」という信念のもと、社会現象の本質を考える授業を実践。著書として、『意味がわかる経済学』『学びなおすと政治・経済はおもしろい』、高等学校用教科書『政治・経済』『現代社会』『社会と情報』など多数。ホームページ  http://homepage1.canvas.ne.jp/minamihideyo/ 

著者紹介

意味がわかる経済学

意味がわかる経済学

南 英世

ベレ出版

経済学の理論や数字を聞いても、それが何を意味するのか、そもそも何のための理論なのかがよくわからないという経験はありませんか? 本書は理論や数字の意味をしっかり理解できるよう、実際の経済状況や経済政策と結びつけて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧