事業承継を考えはじめた二代目が取った行動とは?

今回は、事業承継を本気で考えはじめた二代目の様子を見ていきます。※本連載では、プレジデント ディシジョン パートナー代表・中小企業診断士の小島規彰氏の著書『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)の中から一部を抜粋し、主に二代目経営者の方を対象に、事業承継のポイントを超実践的なノウハウをストーリー仕立てで紹介していきます。

「駄目だとわかっていたとしても息子に継いでほしい」

「赤星、ほどほどにな。帰らないとまた終電逃すぞ。それじゃ、お先っ」

 

「おう、お疲れさま」

 

時間は午後十一時半。同じ部署の同僚が急ぎ足で部屋を後にした。他の部署の蛍光灯が消える中、残った仕事を急いで整理したが、結局その日は終電を逃してタクシーで帰宅することになってしまった。

 

正道の頭の中は、自分の仕事のことが半分、父親の会社のことが残りの半分を占めている。後半の半分については同僚には相談しづらい内容であったし、タクシーの中は会社の関係者が誰もいないせいもあって、ふと気が緩んだのか思わず口からこぼれた。

 

「自分が継ぐのかな……」

 

「どうしました、お客さん?会社かなんかを継ぐのですか?」

 

前を向いたままの運転手にそう聞かれ、躊躇なく今の自分の状況を説明してしまった。

 

家に着くまでの雑談程度にしか考えていなかったし、そこになにかしらの答えを求めるつもりはなかったのであるが、タクシーの運転手は意外な反応を示した。

 

「面白いですね。いやぁね、親父さんたちからも同じような話を聞くもんでね」

 

「へぇ。その話、興味があります」

 

「会社を残したいけれども、後継者が見つからないって言うんですわ。息子さんは目立たないタイプで社長の器じゃないみたいだし、他に候補となる人がいても、当人がなかなか首を縦に振らないとかね。その社長の会社、ずいぶんと儲かっているにもかかわらず、後継者のことが一番の悩みだっていうんだからねぇ。我々なんかにはわからん悩みですわ」

 

「中小企業は経営と所有が一体になっている会社が多くて、なかなか簡単に身内以外には引き継げないんですよ。株や借入金、保証の問題。いろいろあるんですよね」

 

「お兄さん詳しいんですね。それだったらお兄さんが親父さんを継いでしまえばいいのでは?その社長さん、ボソッと『駄目だとわかっていたとしても息子に継いでほしい』と口にしてましたわ。やっぱりなんだかんだで、自分の子どもが跡を継いでくれるって嬉しいみたいですよ」

 

車は家に着く直前の交差点に差しかかっていた。既に日付も変わって静まりかえった暗がりの中、家の明かりがポツリポツリと見える。信号が青に変わった。それは少し眩しく思えた。

「覚悟ができたとき、またお越しください」

翌週の土曜日の日中、正道は失礼を承知で、アポなしで水戸の会社を訪れた。

 

「あの……私、赤星正道と申します。先日のセミナーを一番前の席で聞かせていただいておりまして、もしお時間ありましたら、少しお話をと思いまして……」

 

その後、会議室に通されて、水戸は突然の訪問にもかかわらず正道の話を丁寧に聞いてくれたのだった。ところが水戸の反応はあっさりしたものだった。

 

「なるほど。赤星さんの置かれた状況は理解できました。ですが……まだ本気ではないように思います。自身は安全な場所に身を置きながら、慎重に事を進めようとされていますよね?それでは本気の決断、つまり覚悟はまだまだ先になるでしょう」

 

本気の悩みを伝えたはずであった。アドバイスを受けて解決の糸口が見つかるのではないかと期待していた正道にとっては、予想に反した内容であった。

 

「私たちフューチャーコンサルティングでは、親の会社を継ぐか継がないかの意思決定をするお手伝いはしていません。自分の本気の覚悟がすべてのスタートにあるからです。スタートに立つかどうかを決めるのは、他の誰でもなく自分自身でなければなりません。他人に委ねられた意思決定は、真の覚悟とは言えませんからね」

 

反論の余地は微塵もない。この意思決定は自分にとって、新しい人生を歩むかどうかの選択であることには違いなく、それは既に理解していたつもりであるが、その意思決定が本気かどうかを測る必要があると水戸は言っている。

 

「私どもは本気の人しか応援できません。覚悟ができたとき、またお越しください」

 

「ありがとうございます。勉強になりました」

 

頭を下げて席を立とうとしたとき、水戸がいくつかの資料を渡してくれた。

 

「弊社で運営する『事業承継実践塾』のテキストの一部です。よかったら読んでみてください」

本連載は、2016年10月27日刊行の書籍『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)から抜粋したものです。著書である小島規彰氏のコンサルティング経験に基づいて書かれたフィクションです。登場する個人名・社名は架空の名称であり、実在する特定の人物とは関係がありません。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ストーリーで学ぶ! 二代目のための「事業承継」マニュアル

プレジデント ディシジョン パートナー 代表 中小企業診断士
システム監査技術者

東京都立大学理学部物理学科卒。管理本部、内部監査等の業務を経験。学生時代の夢の実現のため商業カメラマンに転身。ところが、その時自分で構築した写真販売用のWEBサイトにはまり「時代はIT」と感じ転職。IT会社では事業企画や営業、SEを10年間経験。自身の実務経験が誰かの役に立つのではないかと、コンサルファームに就職。再生等の中小企業支援を行う。平成26年10月に事務所を開設、平成29年3月より本格的に独立開業。

著者紹介

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

小島 規彰

青月社

どんな業種、どんな規模の会社にもいずれは訪れる、「事業承継」という一大事。特に中小企業においては “親から子へ" の継承がいまだに多くを占めていますが、近しい関係であるがゆえの難しさもあり、経営者にとって大きな悩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧