「カリスマ社長の跡」を息子としてどう継ぐべきか?

今回は、カリスマ社長が経営する鋳物工場の後継者が参加した「事業承継セミナー」の様子を見ていきます。※本連載では、プレジデント ディシジョン パートナー代表・中小企業診断士の小島規彰氏の著書『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)の中から一部を抜粋し、主に二代目経営者の方を対象に、事業承継のポイントを超実践的なノウハウをストーリー仕立てで紹介していきます。

「カリスマ」に対する「組織力」というキーワード

二代目が歩む人生父・正二の検査入院は予定通り完了し、いったん退院ということになった。検査結果はすぐにはわからなかったが、待っていてもしょうがないとばかりに、正二はすぐに社長として働き出したようだ。

 

何日かが経過したある日、正道は、メールボックスの中のとある件名に目が留まった。

 

〝カリスマ社長をどう継ぐべきか?〟

 

それは、事業承継セミナーの案内であった。個人的な興味もあって、正道はそのセミナーに参加することにした。

 

セミナーの講師は四十代後半くらいの男性で、水戸隆(みとたかし)と名乗った。壇上に立つ水戸は冒頭から興味深い話をふたつ切り出した。それは「時は事業承継の時代である」、「後継者は『カリスマ』ではなく、『組織力』で経営を行わなければならない」、ということであった。

 

前者のポイントはこうである。現在は、戦後十年間の法人増加時代から二回目の代替わりの時期であることと同時に、一九七〇年代の起業ブームに乗って三十歳代で起業した人たちの代替わりの時期にさしかかっている。社長交代の必要性を身近に感じている社長の割合が高くなっているはずだということだった。

 

ふたつ目のポイントは、さらに正道の共感を誘った。そのセミナーでは親族への承継を前提として話が進められ、時代背景の違いや創業に至った思いの深さはもとより、ハングリー精神の塊(かたまり)の如く社長業を全うしてきた人間と、「社長の子ども」として育ってきた人間とでは天と地ほどの差があるというのだ。水戸は、そうした二人の描く社長像には違いがあって当然だと力説した。その違いを説明する際の、「カリスマ」に対する「組織力」というキーワードが、正道の頭に深く刻まれた。

「もっと詳しく勉強してみたいな…」

その後二時間、水戸の話す内容を、正道はほんのわずかも漏らさずノートに書き込んだ。講演の中では、一代で会社を大きくした熱い創業社長や、先代から引き継いで会社を飛躍的に成長させたパワーのある経営者たちを「カリスマ社長」と称しながら、カリスマ社長が率いる会社に見受けられる問題点についても触れていた。

 

講演が終わるとすぐに、次の用事のため、正道はセミナー会場を後にした。記憶が鮮明なうちにメモを確認しつつ、話を思い出しながら、一枚の表に書き出してみた。

 

<後継者の事業承継>

Step1:継ぐことを決める

Step2:既存ビジネスの立て直し(準備)

Step3:既存ビジネスの立て直し(実行)

Step4:新たな風土・組織基盤を造る

Step5:再成長のエンジンを創る

Step6:黒字を維持する環境を作る

(※書籍11ページ掲出の「ロードマップ」参照)

 

「(ふーん、こういう感じで準備していくのか。もっと詳しく勉強してみたいな……)」

 

それが、そのときの正道の素直な感想であった。

本連載は、2016年10月27日刊行の書籍『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)から抜粋したものです。著書である小島規彰氏のコンサルティング経験に基づいて書かれたフィクションです。登場する個人名・社名は架空の名称であり、実在する特定の人物とは関係がありません。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ストーリーで学ぶ! 二代目のための「事業承継」マニュアル

プレジデント ディシジョン パートナー 代表 中小企業診断士
システム監査技術者

東京都立大学理学部物理学科卒。管理本部、内部監査等の業務を経験。学生時代の夢の実現のため商業カメラマンに転身。ところが、その時自分で構築した写真販売用のWEBサイトにはまり「時代はIT」と感じ転職。IT会社では事業企画や営業、SEを10年間経験。自身の実務経験が誰かの役に立つのではないかと、コンサルファームに就職。再生等の中小企業支援を行う。平成26年10月に事務所を開設、平成29年3月より本格的に独立開業。

著者紹介

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

小島 規彰

青月社

どんな業種、どんな規模の会社にもいずれは訪れる、「事業承継」という一大事。特に中小企業においては “親から子へ" の継承がいまだに多くを占めていますが、近しい関係であるがゆえの難しさもあり、経営者にとって大きな悩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧