売上が減少する社長頼りの会社 現場にくすぶる「不満と不安」

今回は、売上が減少する社長頼りの鋳物工場で、現場の社員に徐々にくすぶる「不満と不安」の様子を見ていきます。※本連載では、プレジデント ディシジョン パートナー代表・中小企業診断士の小島規彰氏の著書『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)の中から一部を抜粋し、主に二代目経営者の方を対象に、事業承継のポイントを超実践的なノウハウをストーリー仕立てで紹介していきます。

「管理職ならちゃんと責任持ってくれよ」

「昔に比べて、仕事、減ったよな」

 

「そうですよね、三浦(みうら)さん。昔は残業ばっかりしてた気がします」

 

昼休み。工場脇の日陰になっている場所で、男数人が弁当を食べながら雑談をしていた。

 

「残業が減った分、給料はだいぶ下がりましたよ。いいときなんか、十万円近くも残業代もらっていましたから」「俺なんて、残業多すぎるからって、管理職にさせられちまったからな。俺、課長になって二年経つけど、そもそも管理職って柄じゃねーの。何を管理すればいいのかわからねーし。ヒラに戻してくれっつーの。まっ、あのワンマン社長には、怖くてなんにも言えねーんだけどさ」

 

昼休みが終わった工場内では、ベテランの営業担当と製造課長である三浦とが言い合っていた。

 

「三浦課長!日野機装(ひのきそう)さんの納品、明日だよ。研磨終わってないみたいだけど、大丈夫なんか?」

 

「急な注文が入っちゃって。やれるだけのことはやりますから、急かさんといてください」

 

「おいおい、そんないい加減な管理があるか!管理職ならちゃんと責任持ってくれよ」

 

「日野機装の単価、客から言われたままに下げすぎじゃないっすか?営業がもっと踏ん張らないと採算割れだよ」

 

「おいおい、採算割れかどうかなんて工場の生産性の問題だろう!どう効率化して利益を出すのかを考えるのは現場の責任だろう!」

 

「うるさいな。こっちは忙しいんだ。いいから向こうに行ってくれ」

 

「なにっ!黙って聞いてりゃ……」

「そんなことは現場が気にすることではない」

そこまでヒートアップしたところで、製造部長の青島(あおしま)が、砂込め作業の手を止めて二人の間に入った。

 

「わかったわかった。とりあえず日野機装さんの納期はきちんと間に合わせよう。なっ三浦。で、儲かっているかどうかは、後で営業にも入ってもらって整理しよう」

 

そうは言ったものの、青島は途方にくれた。青島が大鉄鋳造に入社したのは十年前だ。下請け工場に勤めているとき、作業の管理能力と技術力が正二の目に留まって引き抜かれたのである。それ以来、社長から目をかけられ、四十代半ばにして工場長に次ぐ製造部長の立場となり、五年が経過した。

 

なんとか業務を回せているとは感じているが、正直なところ会社がよくなっているとは思っていなかった。社長に会社の損益を教えてくれと頼んだときも、「そんなことは現場が気にすることではない」と軽くかわされた。一度は食い下がったものの「利益を管理するのは社長の仕事だ。お前はいい仕事をすればよい」とのことだった。

 

それでも、仕事の量が明らかに減少する中、材料費の高騰、変わらない従業員数や給与といった事実から察するに、大鉄鋳造の決算書を見たことのない青島にでも、会社の利益が数年前に比べて減少していることは容易に想像がついた。

 

先ほどまで三浦と言い合いをしていたベテランの営業担当が、作業場から出ていったかと思ったら、再び小走りでこちらに駆け寄ってくる。青島が「もう揉め事はゴメンだな」と思いかけたところで、予期せぬことが告げられた。

 

「社長が客先で倒れて、救急車で運ばれたって!」

 

「えっ!」

 

(続)

本連載は、2016年10月27日刊行の書籍『会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント』(青月社)から抜粋したものです。著書である小島規彰氏のコンサルティング経験に基づいて書かれたフィクションです。登場する個人名・社名は架空の名称であり、実在する特定の人物とは関係がありません。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ストーリーで学ぶ! 二代目のための「事業承継」マニュアル

プレジデント ディシジョン パートナー 代表 中小企業診断士
システム監査技術者

東京都立大学理学部物理学科卒。管理本部、内部監査等の業務を経験。学生時代の夢の実現のため商業カメラマンに転身。ところが、その時自分で構築した写真販売用のWEBサイトにはまり「時代はIT」と感じ転職。IT会社では事業企画や営業、SEを10年間経験。自身の実務経験が誰かの役に立つのではないかと、コンサルファームに就職。再生等の中小企業支援を行う。平成26年10月に事務所を開設、平成29年3月より本格的に独立開業。

著者紹介

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

会社を継ぐあなたが知っておくべき 事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

小島 規彰

青月社

どんな業種、どんな規模の会社にもいずれは訪れる、「事業承継」という一大事。特に中小企業においては “親から子へ" の継承がいまだに多くを占めていますが、近しい関係であるがゆえの難しさもあり、経営者にとって大きな悩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧