TPPにも関係!? リカードの「比較生産費説」の問題点

今回は、TPPにも関係する、リカードの「比較生産費説」の問題点を見ていきます。※本連載は、大阪府の有名高校の教諭を歴任し、現在は大阪府立天王寺高等学校の非常勤講師を務める南英世氏の著書、『意味がわかる経済学』(ベレ出版刊行)の中から一部を抜粋し、経済学の基礎知識をわかりやすく説明します。

「自由貿易こそが人類の目指すべき方向」

今日、国際貿易の原則は自由貿易であり、「自由貿易こそが人類の目指すべき方向」であるとされています。その根拠となっているのが、この比較生産費説です。その意味で、比較生産費説は国際貿易のあり方を示す灯台のような役割を果たしているといえるかもしれません。もし、関税をかけたり輸入制限をしたりして保護貿易を行なえば、国内価格が上昇し、消費者は不利益を被ります。つまり、消費者余剰(筆者著書『意味がわかる経済学』65ページにて詳述)が小さくなってしまいます。だから、貿易をする場合は、関税をかけない自由貿易が望ましいとされるのです。

 

一見すると難しそうな比較生産費説ですが、実はこれは「当たり前の議論」ともいえます。なぜなら、私たちは日常生活のなかで、無意識のうちに比較生産費説に基づいた行動をしているからです。たとえば、学校の先生はそれぞれの専門科目に特化して教えています。企業は製造する人と販売する人を分け、さらに細分化して分業を行なっています。一人で全部を行なうより、みんなで分業をしたほうが効率的であるということは、ごく普通に見られることです。ただ、リカードのすごいところは「絶対優位」ではなく「比較優位」がある場合にも生産効率が上がることを発見した点です。

慣れた仕事を離れ、まったく別の職業に就けるか?

リカードの比較生産費説は、論理的には文句のつけようがありません。しかし、いくつかの問題点があることも忘れてはなりません。

 

第一に、労働や資本移動はほかの産業にスムーズに転換できないという点です。たとえば、先の例でいえば、ポルトガルの毛織物工場は全部閉鎖され、労働者はぶどう酒生産に移動させられます。同じくイギリスのぶどう農家やワイン工場で働く人は、すべて毛織物工場に移らなければなりません。

 

比較生産費説では、生産効率が悪い産業がつぶれても、比較優位を持っている産業がこうした資本や労働力を吸収してくれるとしています。しかし、30年間農業一筋でやってきた人が、工場労働者としてやっていけるでしょうか。実際には産業がたくさんありますから、もう少し広い産業分野から自分に合った仕事を見つけることになるのでしょうが、それでも、慣れた仕事を離れ、まったく別の職業に変わるというのは並大抵のことではありません。

 

リカードの比較生産費説はこうしたコストをすべて無視しています。日本の農業とTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の問題を考える場合でも、こうした視点は重要です。

本連載は、2017年5月25日刊行の書籍『意味がわかる経済学』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経済ニュースを本質から理解するための「経済学」入門

大阪府立天王寺高等学校 非常勤講師

1951年生まれ。金沢大学卒。金沢大学助手を経て、1983年より大阪府立高等学校社会科教諭。2006年より指導教諭として、新採教員および中堅教員の授業力向上のために助言および師範授業に取り組む。「授業とは感動を与えることである」という信念のもと、社会現象の本質を考える授業を実践。著書として、『意味がわかる経済学』『学びなおすと政治・経済はおもしろい』、高等学校用教科書『政治・経済』『現代社会』『社会と情報』など多数。ホームページ  http://homepage1.canvas.ne.jp/minamihideyo/ 

著者紹介

意味がわかる経済学

意味がわかる経済学

南 英世

ベレ出版

経済学の理論や数字を聞いても、それが何を意味するのか、そもそも何のための理論なのかがよくわからないという経験はありませんか? 本書は理論や数字の意味をしっかり理解できるよう、実際の経済状況や経済政策と結びつけて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧