積立タイプも存在・・・ 「投資信託」の仕組みとは?

今回は、投資信託の仕組みを見ていきます。※本連載は、1億円倶楽部の主幹などを務め、年収1億円超のクライアントを多数持つ富裕層専門のカリスマ・ファイナンシャル・プランナー江上治氏の著書『給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。』(あさ出版刊行)の中から一部を抜粋し、お金を上手に運用するコツを会話形式でやさしく解説します。

プロが運用し、成果に応じて収益を投資家に分配

「江上さん、やっぱり儲けの多い話を詳しく聞きたいです」

 

 

「ははは、君は現金だね」

 

 

「なんと言われようと大丈夫です! まずはさっきから気になっている、投資信託について教えてください」

 

 

「投資信託っていうのは、繰り返しになるけど、投資家からお金を集めて、プロのファンドマネジャーが国内外の株式や債券などで運用する商品のこと。その運用の成果に応じて、収益が投資家に分配される。ファンドとも呼ばれるよ」

 

 

「投資信託って、どれくらいの種類があるんですか?」

 

 

「個人から幅広く投資金を募集するファンドを『公募投資信託』というんだけど、その数は日本で5000以上あるよ」

 

 

「5000以上・・・。それはボクでも買えるんですよね?」

 

一定額を口座から引き落として購入する「積立投信」

「もちろん。投資信託は1万円程度から購入できます。毎月決まった日に、一定額を金融機関の口座から引き落として、投資信託を買い付ける積立投信っていう仕組みもある」

 

 

「へー、ボクみたいなお金がない人間でもできますか?」

 

 

「うん。1000円単位で購入できるから、Mさんでも始められる」

 

 

「それは魅力的ですね」

 

 

「男性サラリーマンのお小遣い平均額は、3万7000円余りといわれてるから、お小遣いの一部を使って、投資もできるよ」

本連載は、2017年4月23日刊行の書籍『給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富裕層専門FPに聞く「お金を上手に運用するコツとは?」

1億円倶楽部 主幹

株式会社オフィシャル 代表取締役
有限会社佐多税理士事務所 顧問
株式会社T.F.K 顧問
日本ほめる達人協会 理事
1967年、熊本県天草市生まれ。
有名スポーツ選手から経営者まで年収1億円を超えるクライアントを50名以上抱える富裕層専門のカリスマ・ファイナンシャル・プランナー。
サラリーマン時代には大手損保会社、外資系保険会社の代理店支援営業において、新規開拓分野にて全国1位を4回受賞し、最短・最年少でマネージャーに昇格を果たす。
自身が所属した組織もすべて全国トップの成果を挙げる。
起業後は、保険営業を中心としたFP事務所を設立。
人脈ゼロ・資金ゼロから1,000名を超える顧客を開拓し、これまで新規に獲得した保険料売上は600億円超に達する。
コミッションは創業3年で業界平均の約5倍、社員3名で1億円を超え、なおも記録更新中。
指導した部下は全国7万人のセールスの中でベスト5に2回入賞。
中小企業のコンサル業務を展開し、サポートした企業の売上が1年で8倍増になるほどの成果を挙げている。
著書に『年収1億円思考』『運命転換思考 一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革』(経済界)、『プロフェッショナル ミリオネア― 年収1億を生む60の黄金則』(プレジデント)など多数。

著者紹介

給料が上がらなくても、  お金が確実に増える方法を  教えてもらいました。

給料が上がらなくても、 お金が確実に増える方法を 教えてもらいました。

江上 治

あさ出版

お給料が増えない。ボーナスも期待できない。臨時収入だってない。景気がいいのは昔の話で、このご時世、多くの人々が不況に苦しんでいます。マジメに働いたところで、お給料は増えませんし、ローン、教育費、老後と支出ばかり…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧