18~19世紀の「資本主義」発展の歴史と露呈した欠陥

今回は、18~19世紀の「資本主義」発展の歴史と、そこで露呈した欠陥について見ていきます。※本連載は、大阪府の有名高校の教諭を歴任し、現在は大阪府立天王寺高等学校の非常勤講師を務める南英世氏の著書、『意味がわかる経済学』(ベレ出版刊行)の中から一部を抜粋し、経済学の基礎知識をわかりやすく説明します。

資本主義の発展に寄与した「株式会社」という企業形態

スミスは、「資本主義はたいへんすぐれたシステムであるから、放っておいてもうまくいく」と、楽観的に考えました。実際、利己心を肯定したことで、18世紀から19世紀にかけて資本主義は大いに発展しました。綿工業から始まった産業革命は、やがて大量生産された製品を運ぶために、蒸気船、蒸気機関車、鉄道建設といった交通革命を呼び起こします。それにともない、鉄や石炭産業、鉄鋼業も飛躍的に発展します。

 

こうした資本主義の発展に大いに貢献したのが株式会社という企業形態でした。なぜなら、株式会社は必要とされる資本金を小さな単位に分割し、小規模な出資者を多く募ることによって、大量の資本を集めることができたからです。万一、会社が倒産しても、出資者は出資金さえあきらめれば、それ以上の責任を追及されません。出資者のリスクを分散できるという特徴を持つ株式会社は、19世紀後半から重化学工業が発展しはじめると急速に増加していきました。

 

[図表1]イギリスの経済活動指数

荒井政治ほか『概説西洋経済史』有斐閣より
荒井政治ほか『概説西洋経済史』有斐閣より

一定の周期で発生する「恐慌」は資本主義の最大の欠点

ところが、19世紀になると、資本主義にも多くの欠陥があることが次第に明らかになってきます。政府の介入を極力排除し、すべてを市場にまかせた結果、「恐慌」「失業」「貧富の差の拡大」「独占」「労働問題」といった弊害が次々に生じたのです。

 

(1)恐慌

一般に、企業が「何を」「どれだけ」作るかは自由です。一方、消費者には買う自由もあれば買わない自由もあります。したがって、生産した財・サービスが売れ残るということは当然起き得ます。売れ残りが出れば企業は儲かりません。そうした企業がたくさん出てくれば、不景気になります。好況局面で突然起きる深刻な景気後退は「恐慌」と呼ばれます。恐慌は資本主義の最大の欠点といっても過言ではありません。

 

世界最初の恐慌は1825年にイギリスで発生しました。その後、恐慌は多くの資本主義国で見られるようになります。しかも、恐慌の発生には、なぜか10年前後の一定の周期性(=景気循環)が観測されるのです(図表1、2)。恐慌のなかで一番深刻だったのは1930年代に起きた恐慌で、これには特別に「世界恐慌」という名前が付けられています。通常、世界恐慌といえば、1930年代のこの恐慌を指します。

 

[図表2]恐慌年表

『近代経済学講座・基礎理論編』有斐閣より
『近代経済学講座・基礎理論編』有斐閣より

本連載は、2017年5月25日刊行の書籍『意味がわかる経済学』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載経済ニュースを本質から理解するための「経済学」入門

大阪府立天王寺高等学校 非常勤講師

1951年生まれ。金沢大学卒。金沢大学助手を経て、1983年より大阪府立高等学校社会科教諭。2006年より指導教諭として、新採教員および中堅教員の授業力向上のために助言および師範授業に取り組む。「授業とは感動を与えることである」という信念のもと、社会現象の本質を考える授業を実践。著書として、『意味がわかる経済学』『学びなおすと政治・経済はおもしろい』、高等学校用教科書『政治・経済』『現代社会』『社会と情報』など多数。ホームページ  http://homepage1.canvas.ne.jp/minamihideyo/ 

著者紹介

意味がわかる経済学

意味がわかる経済学

南 英世

ベレ出版

経済学の理論や数字を聞いても、それが何を意味するのか、そもそも何のための理論なのかがよくわからないという経験はありませんか? 本書は理論や数字の意味をしっかり理解できるよう、実際の経済状況や経済政策と結びつけて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧