日本株との比較で見る「フィリピン株」の魅力とは?

今回は、日本株との比較から「フィリピン株」の魅力について見ていきます。※本連載は、セブンシーズプロパティーズコープのCEOである西村幸洋氏の著書『1日5分、10万円からはじめるフィリピン株式投資』(パブラボ刊行)の中から一部を抜粋し、東南アジアで注目される国「フィリピン」での株式投資のノウハウを紹介します。

銘柄は少ないが、高い株価上昇率を見せる銘柄も存在

フィリピン株式市場に上場している銘柄は、全部で272銘柄(2016年12月16日時点)と、東証一部(東証一部銘柄数は2004銘柄:2016年12月16日時点)と比較しても非常に少ないことがわかります。

 

銘柄が少ないぶん、「選択肢が少ない」と捉えることもできますが、詳しく見てみると、驚異の株価上昇率を見せる銘柄が大多数を占めていることに気付きます。

 

下記に、フィリピンを代表する株価指数である「フィリピン総合指数」を構成する30銘柄の2009年1月5日から2016年12月31日までの上昇率を示した表を掲載していますが、30銘柄中、29銘柄で株価上昇、30銘柄の平均上昇率は、なんと642.5%という驚異的な数字を記録しています。

 

[図表]フィリピン総合指数構成30銘柄の上昇率

少額の資金で投資を始めることも可能

フィリピン株の魅力を語るうえで欠かせないのが、少額からスタートできる点です。

 

株式投資というと「敷居が高い」と感じるかもしれませんが、たとえば日本でソフトバンクの株を購入しようとすると、2016年12月28日時点で株価は7858円で、単元株数は100株ですので、投資資金は78万5800円必要になります。

 

また、トヨタ自動車の場合も、同日の株価は6970円で、単元株数は同じく100株ですので、69万7000円の投資資金が必要になります。

 

本連載は、2017年4月2日刊行の書籍『1日5分、10万円からはじめるフィリピン株式投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載お金持ちになるための「フィリピン株式投資」入門

セブンシーズプロパティーズコープ  CEO

法政大学法学部卒。大手住宅メーカーにセールスマンとしてキャリアをスタート。 25歳で退職後、オーストラリアに留学し、28歳で現地 シドニーに貿易会社を設立。2011年からは香港にて投資顧問会社を設立。さまざまな投資手段を用い、資産運用管理コンサルタントとして3500名を超える資産運用を手掛けている。また、2014年にはフィリピン法人を設立し、不動産投資事業、株式投資事業をスタート。2016年、自身のフィリピン株投資では、運用成績300%超。またその独自のメソッドをスクール形式で紹介しており、約1000名に西村式トレーディングを伝え、受講生の9割以上がプラスの運用成績を残している。
「投資を通じ、海外の勢いや企業の勢いをマネタイズ(貨幣化)して、自分の住む街に、地域に還流させる」、「金持ちになってから投資家になるのではなく、金持ち、時間持ちになるために投資家になるのだ」をキーメッセージに海外を拠点に精力的に活動する事業家兼トレーダー。http://7seas-education.com/

著者紹介

1日5分、10万円から始める フィリピン株式投資

1日5分、10万円から始める フィリピン株式投資

西村 幸洋

パブラボ

国内初となる「フィリピンの株式投資」の指南書。フィリピンは、世界でもっとも長く人口ボーナス期が続く国と言われ、昔の日本を思い出させてくれる活力とエネルギーに満ち溢れています。これからのフィリピンは、日本の人口構…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!