英語人口は世界3位 フィリピン経済を支える「国民の英語力」

今回は、フィリピン経済を支えている「国民の英語力」を見ていきます。※本連載は、セブンシーズプロパティーズコープのCEOである西村幸洋氏の著書『1日5分、10万円からはじめるフィリピン株式投資』(パブラボ刊行)の中から一部を抜粋し、東南アジアで注目される国「フィリピン」での株式投資のノウハウを紹介します。

「英語人口」は世界3位

英語を話せる人の数を示す「英語人口」という指標があります。英語人口のトップ10は、1位がアメリカ、2位がインド、3位がフィリピン、4位ナイジェリア、5位イギリスとなっています。

 

[図表1]英語人口トップ10

出典:http://usvisatalk.com/top-10-english-speakingcountries-in-the-world/
出典:http://usvisatalk.com/top-10-english-speakingcountries-in-the-world/
 

アメリカの英語人口は全人口の95.81%ですが、公用語が英語ですから、この割合の人が英語を喋るのは何ら驚くことではないはずです。

 

2位のインドの割合は全人口のわずか11.38%。しかし、人口は12億5千万人と世界2位を誇りますから、人口比11.38%でも日本の総人口に匹敵することになります。

 

ここで、注目すべきは3位のフィリピンです。人口1億人の実に92.58%が英語を話せるという驚くべき結果が出ています。

GDPの10%に達する「出稼ぎ労働者からの送金」

アメリカの植民地として長く支配されていた歴史が背景にありますが、私自身マニラに住んでいて、他のどのアジア諸国より英語が通じると実感しますし、コールセンターのアウトソーシングビジネス(BPO)など英語を武器としたビジネスは産業の中心的役割を担っています。

 

また、海外で働く出稼ぎ労働者からの送金額は、GDPの実に10%にも達し、フィリピン経済を支える大きな柱となっています。

 

これも高い英語力があるからこそ生み出されるもので、海外で働く出稼ぎ労働者の数は、全人口の1割にも達するほどのボリュームとなっています。

 

[図表2]

本連載は、2017年4月2日刊行の書籍『1日5分、10万円からはじめるフィリピン株式投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載お金持ちになるための「フィリピン株式投資」入門

セブンシーズプロパティーズコープ  CEO

法政大学法学部卒。大手住宅メーカーにセールスマンとしてキャリアをスタート。 25歳で退職後、オーストラリアに留学し、28歳で現地 シドニーに貿易会社を設立。2011年からは香港にて投資顧問会社を設立。さまざまな投資手段を用い、資産運用管理コンサルタントとして3500名を超える資産運用を手掛けている。また、2014年にはフィリピン法人を設立し、不動産投資事業、株式投資事業をスタート。2016年、自身のフィリピン株投資では、運用成績300%超。またその独自のメソッドをスクール形式で紹介しており、約1000名に西村式トレーディングを伝え、受講生の9割以上がプラスの運用成績を残している。
「投資を通じ、海外の勢いや企業の勢いをマネタイズ(貨幣化)して、自分の住む街に、地域に還流させる」、「金持ちになってから投資家になるのではなく、金持ち、時間持ちになるために投資家になるのだ」をキーメッセージに海外を拠点に精力的に活動する事業家兼トレーダー。http://7seas-education.com/

著者紹介

1日5分、10万円から始める フィリピン株式投資

1日5分、10万円から始める フィリピン株式投資

西村 幸洋

パブラボ

国内初となる「フィリピンの株式投資」の指南書。フィリピンは、世界でもっとも長く人口ボーナス期が続く国と言われ、昔の日本を思い出させてくれる活力とエネルギーに満ち溢れています。これからのフィリピンは、日本の人口構…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!