投資者を守る「顧客本位の業務運営に関する原則」とは?

前回は、米国・英国におけるフィデューシャリー・デューティー発展の歴史について取り上げました。今回は、「顧客本位の業務運営に関する原則」の概要を見ていきます。

「顧客本位の業務運営」の実現を目指す金融庁

2017年1月19日に、日本版フィデューシャリー・デューティーである「顧客本位の業務運営に関する原則(案)」を金融庁が公表しました。この原案を基に3月30日、「顧客本位の業務運営に関する原則」の確定版を公表し、金融庁としての顧客本位原則の定着に向けた取組みについて公表しました。この原則の中では、本原則の制定の経緯及び背景、本原則の目的、対象などの事項を記述した上で、金融事業者が守るべき7項目の原則が揚げられています。今回は、本原則の目的、対象、制定までの経緯、背景、アプローチ方法などの全体像を説明します。

 

まず、本原則の目的として「金融事業者が顧客本位の業務運営におけるベスト・プラクティスを目指す上で有用と考えられる原則を定めるものである。」と記しています。本原則の対象となる「金融事業者」という用語を特に定義しておらず、「顧客本位の業務運営を目指す金融事業者において幅広く採択されることを期待する。」と示されています。

 

本原則が採用するアプローチとしては、金融事業者がとるべき行動について詳細に規定する「ルールベース・アプローチ」ではなく、金融事業者が各々の置かれた状況に応じて、形式ではなく実質において顧客本位の業務運営を実現することができるよう、「プリンシプルベース・アプローチ」を採用しています。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

12月 6日(水)「コモンズ流投資ノウハウ」

投資信託「ポートフォリオ分析サービス」のご案内

投資者保護のための取組みが進められてきたが・・・

「プリンシプルベース・アプローチ」について、もう少し詳しく見ていきましょう。市場ワーキンググループが2016年12月12日に公表した報告書で、以下のように提言されました。

 

これまでは、金融商品の分かりやすさの向上や、利益相反管理体制の整備といった目的で法令改正等が行われ、投資者保護のための取組みが進められてきたが、一方で、これらが最低基準(ミニマム・スタンダード)となり、金融事業者による形式的・画一的な対応を助長してきた面も指摘できる。

 

本来、金融事業者が自ら主体的に創意工夫を発揮し、ベスト・プラクティスを目指して顧客本位の良質な金融商品・サービスの提供を競い合い、より良い取組みを行う金融事業者が顧客から選択されていくメカニズムの実現が望ましい。そのためには、従来型のルールベースでの対応を重ねるのではなく、プリンシプルベースのアプローチを用いることが有効であると考えられる。

 

具体的には、当局において、顧客本位の業務運営に関する原則を策定し、金融事業者に受け入れを呼びかけ、金融事業者が、原則を踏まえて何が顧客のためになるかを真剣に考え、横並びに陥ることなく、より良い金融商品・サービスの提供を競い合うよう促していくことが適当である。


つまり、金融事業者は、本原則を外形的に遵守することに腐心するのではなく、その趣旨・精神を自ら咀しゃくした上で、それを実践していくためにはどのような行動をとるべきかを適切に判断していくことが求められます。

 

金融事業者が本原則を採択する場合には、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定し、当該方針に基づいて業務運営を行うことが求められます。自らの状況等に照らして実施することが適切でないと考えられる原則があれば、一部の原則を実施しないことも想定されていますが、その際には、それを「実施しない理由」等を十分に説明することが求められます。

 

「顧客本位の業務運営に関する原則」は法令上のルールに基づく法的拘束力を有する規範ではなく、各金融機関が自立的に定めるルールで、「ソフト・ロー」と呼ばれるものです。これに従わないと罰則や行政処分の対象になるものではありません。しかし、現実的には、金融機関が本原則を受け入れないという選択をすることは難しいと思われます。

 

次回からは、7項目に分かれている「顧客本位の業務運営に関する原則」を詳しく解説していきます。

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

コモンズ流「30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウと、「投資信託」の正しい使い方

~企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは

講師 伊井 哲朗 冨中則文 氏
日時 2017年12月06日(水)
内容

<第1部>

コモンズ投信が考える長期、厳選集中投資

~不確実な時代でも投資が出来る“強い企業”の特徴~

 

・30年・30社の企業への厳選投資、コモンズ流の長期・集中投資とは?

・企業の「見えない価値(非財務情報)」を見出す極意とは?

・企業、投資家、コモンズが対話で企業価値の創造を実現する参加型ファンドとは?

・世界の成長を取り込むための、日本版ネスレ(真のグローバル企業)を探し出す投資手法とは?

・長期的な資産形成の王道は、なぜ世界の成長を取り込むことなのか?

・2020年を起点に日本はどのように変わるのか?

 

講師:伊井 哲朗 氏 コモンズ投信株式会社 代表取締役社長兼最高運用責任者

 

<第2部>

投資信託の正しい活用術

~出版系IFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)の立場だから話せる投資信託の裏側~

 

・銀行窓口ですすめられる商品を買うとなぜ後悔をするのか?

・本当によい投資信託と金融機関で「よく売れている商品」がまったく違う理由とは?

・買ってはいけない投資信託の見極め方とは?

・金融機関が何故か教えてくれない本来あるべき資産運用とは?

 

講師:冨中 則文 株式会社幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧