白内障手術後、視界が青く・・・原因と対処法を探る

前回に引き続き、白内障手術後の「矯正方法」に関するQ&Aを見ていきます。今回は、白内障手術後、視界が青くなった場合の原因と、対処法を探ります。

レーザー治療は、白内障手術後2カ月で行うことが可能

Q:術後2カ月で後発白内障と診断されました。進行が早いようで、レーザー治療をすることになるかもしれません。早期のレーザー治療は硝子体が出てくると、別の先生に言われましたが、レンズの安定を待つのか、レーザー治療を受けるのか、どちらを優先すべきでしょうか?

 

A:後発白内障とは術後、レンズを固定している水晶体嚢が時間とともに濁ってくる状態で、ある程度の割合で生じます。通常2カ月経過すると水晶体嚢もある程度硬化しているので問題なくレーザー治療ができます。一般的に、後発白内障は、レーザーで濁りを取り除いたら再発しません。

術後視界が青くなる「青視症」・・・サングラス等の使用を

Q:術後、目が太陽の下で青白く見えます。

 

A:白内障手術後に、青白く見える症状は青視症と呼ばれるものです。これは従来の眼内レンズが、水晶体に比べ短波長光(いわゆる青色光)の透過率が高いために起こります。時間とともに順応して気にならなくなることが多いのですが、今回のようにずっと症状が残ることもあります。青視症が気になる場合は、サングラス等での対処をおすすめします。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載正しい知識を身につける――まぶた、まつげ、検査、白内障に関するQ&A

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧