ローンが組めない・・・収益物件の買い換えにまつわる失敗事例

前回は、収益物件によって異なる「効果的な売り方」について取り上げました。今回は、収益物件の買い換えにまつわる失敗事例を見ていきます。

すぐに次の収益物件を購入するつもりが・・・

[失敗事例]買い替え前提の売却で失敗

都内を中心に中古の区分マンションを複数室所有しています。築年数が経ってきたこともあり、この先どうしようかと検討していたところ、ある業者から「買い替えましょう。あなたなら、次は築浅の2億円の物件が買えますよ」と言われて物件を売ったのですが、年齢の問題で次の物件のローンが組めないことがわかりました。こんなことなら売らなければ良かったと後悔しています。

 

不動産を売却して買い替える場合も注意が必要です。売却するからには、新しい物件と組み替えるのが多くの投資家の目的です。不動産を売って次に買う物件が見つからなかったら、売らなければ良かったかもしれません。キャッシュフローを得たいという人は目標がかなえられなくなってしまいます。

 

このケースでは営業マンが口先だけのいい加減なことを言っていました。実際には金融機関にまったく当たっていませんでした。

 

あらかじめ銀行と話がついていて、「物件を売ればすぐに買い替えられます」「融資もまた出ますよ」という話だったのに、実際は融資が出なくて、その人の手元に残ったのは売却で得た数百万円の現金だけでした。

ローンが組める年齢のデッドラインは55歳

一般にローンが組める年齢は55歳がデッドラインです。80歳までに完済にできないと団信に加入できないからです。もちろん、その人の属性によって事情は変わってきますので、工夫すればローンが組めることがあるかもしれません。しかし無理して組んだローンでは返済ばかりで手残りが少ないということが考えられます。これでは意味がありません。

 

55歳といえば退職目前、これから老後を控えた年代です。人によってはまだ教育費のかかるお子さんがいるかもしれませんし、ご両親の介護をされている家庭もあると思います。そんな人が目一杯ローンを組んで、ローンを返すだけで終わる老後で本当に良いのかということです。

本連載は、2016年10月11日刊行の書籍『失敗例から学ぶ 儲かる不動産投資の極意』から抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載不動産投資の出口戦略~事例に学ぶ売却タイミングの見極め方

株式会社カクセイ 代表取締役 宅地建物取引士・CPM®(米国公認不動産経営管理士)MPSA合格者

東京都出身。レーサムリサーチ(現社名レーサム)にて富裕層に対する収益不動産のコンサル営業に従事。他に買取再販事業の不動産会社での収益不動産仕入業務、人材コンサル会社での不動産.建設業界のヘッドハンティング業務を経験するなどして培った幅広い人脈を活かし、投資家の要望に応える投資提案を得意としている。

著者紹介

株式会社カクセイ マネージングディレクター・COO 宅地建物取引士・公認 動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CPM®

不動産コンサルティング会社でワンルームから一棟アパート・マンションの売買・管理業務を経験、2013年からは講師としても活動し、年間200名超の投資家と面談して得た体験をもとに不動産投資の失敗事例から学ぶセミナーを開催、本作に寄稿する。

著者紹介

失敗例から学ぶ 儲かる不動産投資の極意

失敗例から学ぶ 儲かる不動産投資の極意

平山 智浩・渡辺 章好

幻冬舎メディアコンサルティング

物件の周辺環境の変化、急な修繕、家賃滞納など数々のリスクが潜む不動産投資において、事前にそのリアルな失敗パターンを知ることが不可欠です。多くの個人投資家にコンサルティングを行い、それぞれに合った不動産投資の方法…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧